“キンミヤ焼酎”に関する記事一覧

「フレッシュざくろ割り」季節の果物果汁とキンミヤ焼酎で旬を楽しむ

ざくろを頂きました。

正直、食べ方もよく分からないし、食べた記憶もない。果実の中の赤い実はおいしいのだが、中の種が固くて食べにくい。なかなか大変な果物だと思います。

そこで、女房殿がスマホ検索で調べて、ジュースにしてくれました。もちろん子供のためなのですが(汗)。

次男は「あまずっぱくて、おいし~い!」と気に入ったようなんですが、長男は「オレ、いらない!」って。それならばと、親父がしゃしゃり出て、飲んべー親父流に飲っつけたのであります(笑)。

2014102007100000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【搾りたてのざくろのジュースにキンミヤ焼酎をチョロっと加えた「フレッシュざくろ割り」】

これが、またなんとも美味な味わい!

わずかに上質なピノ・ノワールのワインでも飲んでいるようなエレガントさを感じました。ざくろってすごくおいしい果物だったんですね。

上品な甘酸っぱさに、種から出たと思われるわずかな渋味や青っぽさがある。そして、そんな味わいがキンミヤ焼酎のほのかな甘みと良く合いう・・・・・・・・こりゃ~たまりませんな(笑)!

もし、ざくろ酒を造るとしても、ざくろの実とキンミヤ焼酎だけで砂糖はいらないかも知れないと思った次第。

今日、帰ったらさっそくざくろの実をキンミヤ焼酎に漬けこんでみようと思います。

繊細なエレガントさが出るかどうか・・・・・・・・きっと種がいい仕事してくれると思うんですけどね・・・・・・・・楽しみです(笑)!

「旬の果物果汁とキンミヤ焼酎」、季節の楽しみ方の一つだと思います。如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ホッピー&キンミヤ」大衆酒場系の王道

成人の日の三連休以降は、なんだか街場の酒屋にとって静かな日が続いておりましたが、やっとこのセクターに限っては動き出したようです。

それが、大衆酒場系飲料の王道である「ホッピー」と「キンミヤ焼酎」でつくる「ホッピー&キンミヤ」。

2014012713510000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ホッピー各種とキンミヤ焼酎】

お歳暮でのいただきものや、お正月用に購入したコクのある味わいの、いわゆるいい酒を飲み過ぎたためでしょうか。スッキリとそしてサッパリと楽しめるホッピーとキンミヤ焼酎がなんだか久しぶりに良く動いたように感じます。

最近ではいわゆる大衆酒場系でも、寒い陽気のためか焼酎用の割り材シロップやサワー類などの方が動きは良かったのですが、ここへ来てその飲み口の良い王道ともいえる「ホッピー&キンミヤ」が見直されたのかも知れません。

いくら寒くたって、やっぱりお酒は冷たくて喉ごしよくサッパリと飲めた方がいいですよね。

白飲って、黒飲って、赤飲ってと、コタツにあたってTVで相撲中継でも見ながらホッピーをチビチビ飲る安堵感は堪えられないっスよね~!

昨日うちのガキンチョが、「インフルエンザになったら一週間ぐらい休まなくちゃいけないから、みんなオヤジみたいにTVの録画見ながら家でゴロゴロしてるらしいよ!」っていってやがりました。

でもそれは間違い。正確には「オヤジはホッピーを飲みながら家でゴロゴロしている」ですよね(笑)!

正統派オヤジの飲み物、「ホッピー&キンミヤ」でオヤジはリラックスしましょうね。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「シャリキン」ひえひえホッピーで割れば”シャリキンホッピー!!”

シャリシャリ!!キンキン!!で「シャリキン」。ご存知キンミヤ焼酎の1杯サイズ冷凍用です。

2013051912240000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャリキン AL20% 90ml  90円】(今のところアルコール度数は20度しかないようです)

「シャリキン」とはキンミヤ焼酎を冷凍庫でシャーベット状に凍らせた状態を言います。

冷べた~いグラスに、冷凍庫から出したシャーベット状の「シャリキン」を入れ、そこに、これまたひえひえのホッピーを加えたら、特にこれからの蒸し暑い時期には、見た目に美味しすぎる「3冷シャリキンホッピー」の出来上がり!

また「シャリキン」をベースに様々な割材で ”凍らせて美味しい” インパクトのある飲み方を楽しめます。

 

・・・・・・・・「たまには子供のサッカーの試合でも見に行ってやっか!天気もイイしね!!」って、行ってみたらすごく子供達のサッカーが上手になってて、近所の強豪チームとの試合をハラハラしながら観戦したら、なんと引き分けた・・・・・・・「ちょっと興奮し過ぎて血圧上がっちゃったけどね!」

・・・・・・・・「こりゃ~、たぶん今晩はホントにうまい酒が飲めそうだ!!」・・・・・・って時に冷凍庫にあればヒジョーに嬉しいのが「シャリキン」なのです(笑)。

うまいシャリキンホッピー飲って、熱った心と身体をクールダウンせねばね!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「SENBERO」スタイル!!

東京の下町に出かけて道をたずねれば、「おぅ!このみちを まっつぐでい!!」ってホントに ”江戸っ子でい!” みたいな下町なまりで答えてくれるから楽しくなります。

最近酒屋をやってて驚くのは、若い人が「立石の・・・・でしょ!しってる、しってる!!」みたいに下町の酒場事情にメッチャ詳しいこと。たぶん「まっつぐでい!」なんてきっぷのいい感じの会話と、庶民的な安くて旨い煮込みなどのアテ、それから独特の飲み方の焼酎が、ホントに新鮮に感じるのだと思います。

そんな酒場に行くだけで楽しい気分になりそうですね。また「せんべろ」な安い、うまい、早いをハシゴするのもイイですね。

センベロ 002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【下町の酒場といえばコレみたいな商品】

江戸の庶民の生活ルールであった「江戸しぐさ」に「ながっちり はいけね~ってんだい!」ってのが、あったか、なかったかは分かりませんが、庶民がひしめく江戸の下町では、そんなルールが必要ではなかったかと思うのです。

「おう!おやじ、煮込みとキンミヤくんな!」

トクトクトク・・「そうだそうだ、コップに山盛りについどくれ・・・・おっととっと」「この山盛りの酒のよう、山んとこをキューっと飲ってよう、上にすき間ができたらよう、角打ちの上のしょう油瓶に入ってる梅液をチョロっとたらしてよぅ、きゅーっと飲るんでい!」

「この煮込みはうめーな、この大きく切ったモツがいいね!こんだけでキンミヤがお茶碗3杯はイケるッテンだ!なぁ」「ながっちりはいけねーよ!さっと飲んで、さっとけーるんでい!」

「で、江戸っ子の勘定てな~こうやんでぃ!みみのあな~かっぽじって、よく聞いてやがれ!」「おい、おやじ!あいにくと細かい銭っきゃもってねーんだ!おっことしちゃいけねぇーからよ、手え出してくんな!」

「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、なな、やあ、おい、おやじ、今なん時でい?」

・・・・・・・・「へい、四つでい・・・・・(汗)!」・・・・・・お後がよろしいようで!

失礼いたしました(汗)!

にほんブログ村 酒ブログへ

「コダマ シソうめ バイス 原液」酒場系の三”酒”の神器!

たくさんのお問い合わせを頂いておりました、老舗酒場系の焼酎用シロップの販売を始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コダマ シソうめ バイス 原液 1リットル 580円

人気のキンミヤ焼酎と、その割材の「ホッピー」「ホッピーレモン・サワー」「コダマしそバイス・サワー」は酒場系飲料ファンの三”酒”の神器とでも言えそうです。そのなかの一つ「コダマしそバイス・サワー」の原液シロップです。

キンミヤ焼酎にこのシロップを垂らし、炭酸で満たせば同じ味わいになるわけですね。また濃度を自分好みに調整できるため、より通好みのそっち系の世界観を探求できるわけです。

それにしても、今のお客さんはいろんなことを良く知ってますね!「割梅は売ってて、バイスの原液は売ってないわけ(汗)!?」みたいな「なんでそんなに良く知ってんの?しかも略してバイスとか言ってて通っぽいし(汗)!」的なヒジョーに勉強熱心なお客様が多いんですね(笑)!

そんな、そっち系の通の方々のための割材であるバイスの原液の取り扱いを始めました。ぜひぜひご利用下さいませ。

今宵も好きなキンミヤ焼酎にバイスをチョロっとたらしたら、シュワシュワとさせてあげて、あっつあつの鍋でもつっつきながら、ノドごしよくグビグビっと飲れば、おいどんは明日もまたまた元気にガンバるバイス(笑)!

ということで、宜しくお願い致します(汗)!

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 512345
ページ
トップ