“イタリアワイン”に関する記事一覧

スタンダードなおススメワイン イタリア 赤

これも スタンダードなおススメワイン です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヴェティーニ ヴァルポリチェッラ 

ジューシーでみずみずしい果実味。 甘味のある果実味とソフトなタンニン。ここちよい酸味。そして スパイシーさとドライハーブのような風味が全体を引き締め、バランスがとても良い赤ワイン。

気取らない 柔らかく エレガントな味わいに ステップでもリピーターがたくさんいらっしゃいます。

 

このワインとの出会いは イタリアの高級マネキンを輸入しているお客様。

イタリアに行くたびに ワイナリーに 直接買いにいくという 美味しいワインの話を聞いたことでした。

「 昔ながらの丁寧な造りで 日本では なかなか飲めないような美味しさ 」

「 家族経営で 生産量が少なく、地元のお客様が 買ってしまうだけで 終わってしまう 」

 

そんな 私たちにとっての幻のワイン。

 

 

この話を聞いてから 数年後 この幻のワインを 輸入して下さる方 が 現れ、ステップでも店頭に並んでいます。

その輸入会社の方も 先ほど お話した高級マネキンを輸入している社長のお知り合い。

 

これからも ステップのスタンダードとして 多くの方に飲んでいただきたいワインです。

 

コルテ・カヴェティーニ ヴァルポリチェッラ 2015  2900円+税

 

 

 

来年は亥年~いのししラベルのワイン~

今年も 残すところ1ヵ月を切ってしまいましたね。

ステップでも 来年のカレンダーをお配りしていますが、去年 お渡ししたことが ほんとについこの間のことのように 思い出されて お客様にも つい 今年はもう差し上げたかしらと 確認してしまいます(#^^#)

年賀状の準備もまだ していない私ですが お正月用に 美味しいワインを見つけましたので ご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いのしし ラベルの バルベーラ・ダルバ スペリオーレ

イタリアの赤ワインです

バルベーラという葡萄を100%使用

エレガントな口当たりですが ボリューム感もあります

 

熟した黒い果実の香りに 爽やかなハーブ かすかに タバコやナッツの香り

たっぷりとした果実味と柔らかですが、しっかりとした酸

バランス良く スムーズな口当たり 余韻にエレガントな樽香

 

イタリア ピエモンテ の 生産者組合

約400人の葡萄生産者組合だから 良い畑・良いワインだけを選んで瓶詰めできることがメリット

毎年 買った葡萄の30%前後をバルクで売ってしまうそう

 

亥年は 無病息災といわれているそうですね

なぜなら

イノシシ肉は 万病さえも防ぐ、予防力があるとされているのだとか

 

来年の始めは いのししラベルを 囲んで 家族一同 無病息災の1年に してみませんか

 

テッレ・デル・バローロ バルベーラ ダルバ・スペリオーレ 2015 1,390円+税

 

 

ワイン会報告 その2 エアレーション

3月2日のワイン会 テーマは 「新入荷!とっておきのイタリアワイン」でした。

2014.3 ワイン会 モザイク画1

 

 

 

 

 

 

 

お出しした3つのワイナリーの一つ ガッタの ワインも美味しかったですよ。

イタリア ロンバルディア州 の 【 ガッタ 】 は 現在 長期熟成タイプのフランチャコルタが人気ですが、もともと 濃厚な赤ワイン造りから始まったワイナリー。

今回のワイン会では ガッタ ネグス 2006 を 開けました。

そして ちょうど 「ワイン  エアレーター」 なるもの を 入手していましたので お客様には内緒で このエアレーターを使って 実験的な飲み比べをしていただきました(笑)。

「ワイン エアレーター」というのは イタリア製の「 ポネンテ 」 という製品です。見た目は まさに 「 ドリップストッパー 」と同じ。

ドリップストッパーのなかに 尾びれみたいなものが 付いているんですが、そこをワインが通ると デキャンターしたように ワインを開かせるというもの。

取り扱いは とっても簡単で、くるっと丸めて ワインの注ぎ口に入れるだけ。

この日、私は 赤ワイン ネグス を 一つのグラスには だだの ドリップストッパー を つかって 注ぎ、もう一つのグラスには ワインエアレーター ポネンテ を 使って注ぎ お客様に お出ししました。

同じワインとは つゆとも知らないお客様たちは 私の 「 どう ちがいます~ 」 という問いかけに ワクワク どきどき しながら 正直に感想を述べてくださいました。

でも その感想がするどい!

エアレーターを通したものは 「やわらくて 美味しい!」 「熟成している」 「値段が高いのではないか」 といったお答えが。

エアレーターを通していない方は 「フレッシュな味わい!」 といった感想が。

つまり エアレーター ポネンテ を 通すのと 通さないのとでは 明らかに 味わいが 違う ということが 証明されたのです。

その後、種明かしをし、エアレーターについてのお話をし、皆さんと 大笑いをしました。

さっそく 「エアレーター ポネンタ」の ご注文も頂きました。

エアレーターを 通すと 値段の高いワインに 味わいが変わるのだから お買い得 ですよね。(お客様の感想です)

ワイン会報告!

昨日、ステップワインとチーズ デリシャスの会を 開かせていただきました。

雨の降る、肌寒い中ご来店いただいた 8名のお客様と 美味しいワインとチーズ そして 手づくり料理で 楽しませていただきました。

 

2014.3 ワイン会 モザイク画1

 

 

 

 

 

 

 

テーマは 「新入荷!とっておきのイタリアワイン」

まだ 日本に輸入されて間もない 北イタリアの3つのメーカーのワインを 以下の8種類 飲みました!

チーズやタパスは 下記リストの通り。

 

① ガッタ  DOCG フランチャコルタ ドサッジョ ゼロ ミレジマート 2005

② ボルトルッソ フリウラーノ DOP フリウリアンニア 2012

③ ボルトルッソ リボッラ・ジャッラ IGP 2012

④ ボルトルッソ トラミナー・アロマティコ IGP 2012

⑤ ボルトルッソ メルロー・プリヴィレージュ IGP 2009

⑥ ボルトルッソ スキオペッティーノ IGP 2011

⑦ ガッタ ネグス DOC セラーティカスペリオーレ 2006

⑧ カベディーニ  DOCG レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2011

チーズ

●スピッチコ アフミカート ●クロタン ドゥ シュヴィニョール ●ロッソ ディ ランガ ●シャロップ シャーブルー ●デルモンヴュリー ●バリカト アルペペ

タパス

●東川口中山おばあちゃんのねぎのマリネ ●ジャガイモのニョッキ トマトソース ●ボローニャ風豚肉のミルク煮

 

2014.3 ワイン会 006

 

 

 

 

 

 

 

ガッタ GATTA は ロンバルディア州の Cellatica にあるワイナリー。もともと ガッチリした赤ワインを造っていましたが

周りのワイナリーに倣って、1990年より フランチャコルタの製造を開始。 小さいながら こだわりの造りで 地元でも評判なのだとか。

GATTAの ブドウ畑は フランチャコルタの産地でも 東部に位置し、標高も440mと 高く、ミネラルを多く含む粘土・石灰質の比類ない土壌は、大手がひしめく西部とは違い、より酸が際立ちエレガントに仕上がっています。

そして、何よりの特徴は 長い熟成。もともとフランチャコルタの熟成法定基準は フランスのシャンパーニュより長いのですが、今回 飲んだ ミレジマートは 法定30ヶ月の熟成のところ 60ヶ月も熟成しています。トーストしたナッツやブリオッシュのような香ばしさに、レモングラスのような爽やか。ミネラルの旨みにほろ苦味がまじりあって飲み応えありのスパークリングワインです!

 

2014.3 ワイン会 001

 

 

 

 

 

 

 

今回 白3種・赤2種 を 飲んだ エミリオ・ボルトルッソ EMIRIO BORTOLUSSO は フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州にある4代続くワイナリー。もともと海であった 干潟にある葡萄畑は カルシウムを豊富に含み、海に近いため年間を通じてぶどうの樹は塩分を含んだ潮風(Scirocco)にさらせれています。その影響か、どのワインも ミネラル感がたっぷりと感じれ、爽やかな中に旨みがあるとても 面白くて美味しいワインです。

「面白い」と いったのは 今回飲んだ 5種類のブドウ品種。

メルローのような国際品種もありますが、リボッラ・ジャッラ や スキオペッティーノ といった 聞くのも、飲むのも 初めてといった 地葡萄は 私も お客様たちも そのはっきりとした個性と美味しさに びっくりしました。

特に 白ワイン3種は 良かったですね。白ワインって 「こんなに美味しかったっけ!?」と おっしゃってる方もいましたよ。

「フリウラーノ」は フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州やヴェネト州で栽培されている葡萄ですが、ソフトな口あたり、りんごのコンポートを頬張ったようなたっぷりとした果実味が口いっぱいに広がります。

2014.3 ワイン会 002

 

 

 

 

 

 

「リボッラ・ジャッラ」は フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの土着品種ですが、 収穫量が減少しているなか15年くらい前から 見直されまた復権しているのだとか。 柑橘系のみかんやネーブルなどの強い香りで、厚みのある口あたりで、なめらかな果実味の中に微かにドライハーブやスパイスの風味が混ざる。ワイルドでインパクトある白ワイン。今回、イギリスのブルーチーズ「シャロップ シャーブルー」と合わせたら とっても美味しくて、参加されたお客様も「まさか!白ワインに ブルーチーズが合うなんて!」と 感動!!!してる方も数名いました。私も 目からウロコでした。

「トラミナー・アロマティコ」 そうです。別名 ゲヴュルツトラミネール。フランスのアルザスや ドイツでも栽培されていますよね。でも、もともとイタリアのトレンティーノ・アルトアディージョ州原産の葡萄なのです。そして、ここフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアでも栽培されています。バラの花やライチなどの甘い香りで たっぷりとした果実味のなかにオレンジピールのようなほろ苦味、白コショウのようなスパイシーさがあいまって幸せな気持ちになります。今回参加されたお客様にも スゴイ人気でした。

最後に ヴェネト州の カヴェディーニの レチョートを開けました。 「こんなデザートワインがあったのね。」「甘いだけでなく、キレイな果実味もあって美味しい!」といった意見も。このワインについては 別日のブログにも 書かせていただいています。

 

イタリアの地葡萄の飲み比べは とっても楽しかったので、また次回 ほかの産地で 企画してみてもいいですね。

次回は 6月1日(日) 13:00~を予定しています。

 

 

「ピノ・ネロ」エキゾチックなイタリアンテイスト

イタリアワインの「ピノ・ネロ」とは「ピノ・ノワール」のこと。

しかし、そこは個性派ワインの多いイタリアです。ブルゴーニュを代表とする世界のピノ・ノワール生産地のワインの味わいの傾向とは、また違った個性を持つワインなのです。

2014013011360002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ピノ・ネロ マルケIGT】

 イタリアワインの持つ個性的な味わいの世界観を酒屋のオヤジなりに表現すれば、「よりヨーロピアンなエキゾチックさのあるワイン」でしょうか。他のどの国にもない、イタリアっぽいエキゾチックなテイストのエッセンスがワインに加えられているような印象です。

 イタリアの多くの「ピノ・ネロ」もまた、他の国で生産されている「ピノ・ノワール」の印象とはちょっと違う感じがします。(同じような印象のピノ・ネロももちろんあると思います)

より素朴さのある味わいで、あんずのような甘みや、ハーブの風味の印象もあります。ひょっとしたら、いわゆるピノ・ノワールの世界では完成度が低く、洗練されたスタイリッシュな味わいとは言えないのかも知れません。

 それでも、そのぬくもりを感じるような、牧歌的な田舎のイタリアを感じるエキゾチックさが何とも言えず良い感じなのです。ワインの国に生まれたわけではないのですが、どこか懐かしい印象もあると思います。

日本が発酵食品の国だからでしょうかね。

 ブルゴーニュを代表とする世界各地でつくられている上質なピノ・ノワールは、もちろん素晴らしく美味しいものが多いのは周知のとおり。そんなピノ・ノワールの中で、イタリアのピノ・ネロは、どこかクセになってしまいそうな魅力が加わる気がするのです。

そんなイタリアンなエキゾチックさを感じるピノ・ネロは如何でしょうか?

 

 

 

 

ページ
トップ