“アイスワイン”に関する記事一覧

北海道のアイスワイン

先日 北海道ワインセミナーに 参加した際、アイスワインのお話をきいて ちょっとびっくりしました。

日本のアイスワインというと 冷凍機みたいなもので 人口凍結させた葡萄を 醗酵させて「アイスワイン」と名前をつけているものは 扱ったことがあるのですが 樹上で 凍結させた葡萄を醗酵させているアイスワインが日本にもあるってこと ちょっと疑問でした。

でも 私の勉強不足。2005年には ふらのワインさんが 日本初のアイスワインを販売されていました!

現在 ふらのワインさん、十勝ワインさんが 造られているそうです。

今回のセミナーで 試飲は叶わなかったのですが 実際に収穫に臨んだときのお話など 2社の方から聞けて これまた勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が降り積もる 早朝 5時半から 収穫がスタート。

気温ー8度から 時には―20度以下になることもあるのだとか。

逆に―8度以下にならないと収穫しないんだって。

気温が1度違うだけで 収穫する葡萄の糖度が3%違うというから 当然ですね。

なんてったて 極甘のワインを造るのが目的なんですから。

ある朝は 早朝集合したものの 気温が―8度以下に下がらず 解散となったときもあるのだそう。

「 車のバッテリーも凍る寒さです 」と おっしゃっていたのが印象的です。

厳しい作業です。 でも 一度 やってみたい。

 

収穫した葡萄は 小さなバスケットプレスで 果汁を搾るのだそう。糖度50%の果汁が搾られますが 得られる果汁は ほんのわずか。

大変な作業! 高額になるのは 仕方ないですね。

この冬の収穫作業についての記事です⇒http://www.hokkaido-nl.jp/article/9119

 

先日のワインセミナーでは  ふらのワインさんのツヴァイゲルトレーベで出来たボディ感のある赤ワインに感動した私。

幅広いスタイルのワインを産み出す北海道。これからも 目が離せませんね。

今年は 北海道に行かねば!

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホワイトデーにあま~いワイン

 

 

ホワイトデーの準備はととのいましたでしょうか。

ケーキとかビスケットとかをひっくるめて最近では「スイーツ」と呼びますが、つたない酒屋のオヤジの経験から申しますと、その辺で購入したいわゆるスイーツでは、ひょっとしたら受け取られた方は、言葉にも顔にも出さないかも知れませんが、ホワイトデーの贈りものとして、やや喜びに欠けるかも知れないと危惧してしまったりもするわけです。

それなら・・・・・いったいどこでその気の利いたような、よろこんでいただけるであろう、いわゆるスイーツを買ったらよいのか?

そこで、酒屋としてはおススメしたいのが、あま~い本格派のワインとのセット。

あま~いワインに、まあ、ふつうに美味しいだろうスイーツを添えるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【甘口ワイン各種  アイスワイン、レチョート、貴腐ワイン 】

スイーツ市場の環境もおどろくほど変化したようです。数年前にうちの近所に本格派のパティスリー(フランス系ケーキ屋さん)が開店したんです。

今までは都心からのおみやげでしか食べることのなかった、ミルフィーユとかマカロンとかが近所で買えるのですからおどろきます。

都心の有名店でなくても十分に満足できるんですよ。「もー近所でいいじゃん!」って感じでしょうか。

そんな普通に美味しいスイーツに本格派の甘口ワインが付けば、それは受け取る方にもよろこんでいただけるのではないでしょうか。

スイーツと、本格派の甘口ワインの組み合わせは、なかなかのもではないかと思うのです。

 

ホワイトデーに本格派の甘口ワインは如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「アイスワイン」極上の甘口ワインでホワイトデーマリアージュ

 

 

ウィキペディアによれば、「ホワイトデー」とは一般的にバレンタインデーにチョコレート等をもらった男性が、そのお返しとしてキャンディ、マシュマロ、ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。

この習慣は日本で生まれ、中国、台湾、韓国など東アジアの一部でも定着しているとのこと。

 

本命チョコレートをもらったらからには、本命スイーツをお返しするのが仁義なのですね。

そして、そんな極上のスイーツには、極上の甘口ワインを合わせるのが、まさにホワイトデーマリアージュと言えます。

2016030618400000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ノーザン・アイス ヴィダル・アイスワイン】375ml カナダ産極甘ワイン

カナダを代表するアイスワインの造り手であるジェイミー・マクファーレン氏のアイスワイン。

ぼってりしない、フレッシュな果実味あふれるモダンスタイルのアイスワイン。口の中でリフレッシュさせてくれる独特なスタイル。アプリコットやピーチ、ライチ、バタースコッチやキャラメル、蜜のフレーバーを感じさせる。

2016030619370002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ギフトラッピングも承ります。

ホワイトデーの贈りものに極上の甘口ワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「デザートワイン」週末のWデーはスイーツをアテに・・・

早めに帰宅したくなるような天候の今日はホワイトデー。しかも週末の金曜日ですね。

増税が迫るばたばたとした1週間のお勤めもとりあえず一休み。週末は週末らしく疲れを癒さなければなりません。

ホワイトデーならではのスイーツのご馳走を最大限に楽しみ、また1週間の疲れを癒すために、スイーツに合わせたデザートワインを楽しむのは如何でしょうか?

 2014031410480000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【写真はベルジュラック地方の貴腐ワイン(極甘口)】

デザートワインといえば、フランスのソーテルヌの貴腐ワインや、ちょっと珍しいベルジュラックの貴腐ワイン。最近は温暖化により収穫が難しくなったドイツのアイスワインやカナダのアイスワイン。赤ワインではアマローネの産地のレチョートあたりがメジャーどころでしょうか。

そのほかにも比較的リーズナブルなレイトハーベストのワインなどがあります。

そんなデザートワインの魅力は、造りが非常に贅沢で希少な魅力もあるのですが、その何層にも重なり合うような味わいが複雑に織りなす、大人の甘さです。

もちろんワインによって個性は違いますが、ただ甘いだけではなく、ビターさがあったり、キレイな酸味を感じたり、スパイシーさを感じたりするのです。

だからスイーツをアテにしても、意外に口の中をサッパリとさせてくれるように感じるのです。造りも贅沢なら、味わいも本当に贅沢なのですね。

 一日で飲み切る必要はありません。数日かけてチビチビと楽しんでいただけます。

せっかくの週末のホワイトデーです。特別なスイーツにデザートワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ウーデンハイマー・ゴールドベルグ・アウスレーゼ」中身はアイスワイン!!

凍ったブドウから造られるアイスワインが非常に贅沢な生産方法なのは周知のとおり。

そんなアイスワインとして造られたワインが、2011年ヴィンテージでは夜間の冷え込みが足りないとして、ドイツ全土でアイスワインのリリースが認められなかったのです。

そして少量ながらリリースされたのが、「中身はアイスワインだが、等級はアウスレーゼ」の非常にお得なワイン。

2014011311350000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ウーデンハイマー・ゴールドベルグ・アウスレーゼ 2011】極甘口白ワイン

 地球温暖化の影響なのか、最近ではブドウが早く熟しすぎ、冬の温度もブドウが凍るまで下がりにくくなる傾向にあるようです。

2010年と2012年では、アイスワインとしてリリースされましたが、収穫量はとても少量。2011年に至ってはドイツ全土で全く収穫出来なかったとのこと。今後もこの傾向は続くと予想されており、これまで以上にアイスワインの入手は困難になるようです。

このワインの生産者であるファウスさんは、このワインをアイスワインとして造りました。しかし、ドイツ全体でアイスワインのリリースが認められなかったため、等級をアウスレーゼとしてリリースしたのでした。

そしてこの「中身はアイスワイン、等級はアウスレーゼ、値段はお値打ち」という、単に”コスパが良い!”というだけのレベルを大きく超えた超お得ワインが誕生したのです。

 味わいは、しっかりと凝縮された甘さがあり、様々な味わいの層が要素が折り重なる複雑さが楽しめ、しかもクリーンな印象もある、いわゆる大人の甘さです。

ある意味”わけあり”の非常にお得な「2011年産、中身はアイスワイン」で、大人の甘味を賢明に楽しむのは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ