“あじろん初しぼり”に関する記事一覧

「あじろん&炭酸水」カレーにおいしい

 

 

赤ワインを炭酸水で割ってつくる飲みものを「ティント・デ・ベラーノ」と呼ぶのだそうです。

先日、近所でイベントがありました。

そこで近所のカフェさんが、こだわりのカレーパンと勝沼産のワイン「あじろん初しぼり」を販売されておりました。

イベントに集まった方々はほとんどママさん方。「カレーパンとあじろんが良く合う」とカレーパンと一緒にあじろんのワインを楽しまれる方が多かったのだそうです。

そこであじろんとカレーの組み合わせのご提案です。

 

 

 

 

 

 

【あじろん初しぼり と 埼玉県の地炭酸水(強タンサン)】

暑い日にスパイシーなカレーはうれしい。でも赤ワインは正直ちょっと飲む気になりません。

そこで、カレーに「あじろんワイン」でつくる「ティント・デ・ベラーノ」をおススメしたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛いカレーを食べて、ひりひりとした舌に、シュワっとして甘みのある飲みものはうれしい。

また、暑い日に良く冷えた強タンサンの刺激は気持ちがいいですね。

如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「あじろん初しぼり」ぶどう酒の懐かしさ

 

 

毎日の夕飯時に、ワインをたしなむ方が増えているように思います。

そんな毎日のワインとして、酒倶楽部ステップでもっとも人気のあるワインのひとつがこのワインです。

 

 

 

 

 

 

【蒼龍 あじろん初しぼり 酸化防腐剤無添加】Alc11.5%  720ml @1500円+税

蒼龍ワインにて契約栽培した、幻の葡萄と呼ばれる貴重な「あじろんの黒ぶどう」を使用し、酸化防腐剤無添加で醸造したワインです。

あじろんの黒ぶどうは、勝沼町周辺において、昭和初期のころまで広範囲に栽培されていた古いタイプのぶどう。病害虫に強く、低農薬で栽培でき、完熟時には強い芳香を出す珍しいぶどうです。

このブログで何度もご紹介させていただいているワインですが、たぶん成熟世代の方々がイメージされる「ぶどう酒」の味わいに近い懐かしさが、人気の理由ではないかと考えます。

もし「ワイン」と「ぶどう酒」が別物だとするならば、この「あじろん初しぼり」は間違いなく後者。

この「あじろんの黒ぶどう」を使ったワインの生産量は少なく、ほとんど県外への出荷はありません。売り切れてしまえば、それで次の年まで入荷がないのです。

2016年ヴィンテージではこの時期に早々と売り切れになりましたが、2017年ヴィンテージはまだ余裕があります。

 

幻のワイン「あじろん初しぼり」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「あじろん初しぼり2017」今年も美味しい!

 

 

近所の公園で毎朝行われているラジオ体操に、うちの女房殿も参加させていただいてるんです。

その帰り道、ご近所に住む年配の方がわざわざ追いかけて来られて、「いや~、あじろん美味しかったよ~!」と声をかけていただいたのだとか。

特に成熟世代の方々と女性に人気のある、この「あじろん初しぼり」は、今年も美味しいようです。

 

 

 

 

 

 

【蒼龍 あじろん初しぼり 酸化防腐剤無添加】 Alc11.5%  720ml @1500円+税

表現が良くないかも知れませんが、日本の家庭料理には、ひょっとしたら、すっぱくて渋いようなワインは不向きなのかも知れません。

もちろん甘すぎるのも良くないのでしょう。

このワインには”すっぱくて、渋い”みたいな印象がまったくないのです。

素直なぶどうの風味が感じられ、ぶどうジュースと違って甘くはないが、ほんのりとした甘味がある。このワインの最大の魅力でしょう。また、味わいの絶妙なバランスも素晴らしいのです。

ひょっとしたらワインと呼ぶよりは、葡萄酒と呼んだ方がしっくりくるのかも知れません。

そのあたりが”素直に美味しい”理由ではないでしょうか。

 

「あじろん初しぼり2017」を試してみては如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「あじろん初しぼり 2017」入荷のお知らせ

 

 

勝沼の「あじろん初しぼり」が、今年も入荷致しました。

 

 

 

 

 

 

【蒼龍 あじろん初しぼり 酸化防腐剤無添加】 Alc11.5%  720ml @1500円+税

あじろんの黒ぶどうは、勝沼町周辺において昭和初期の頃まで広範囲に栽培されていた、古いタイプのぶどう。病害虫に強く、低農薬で栽培でき、完熟時には強い方がを出す珍しいぶどうです。

近年このぶどうのワインが見直され、勝沼を訪れる人々の間で人気となりました。しかし、収量が少ないため、県外ではほとんど見かけることのないワインなのです。

人気の秘密は、もちろんその味わい。

辛口の赤ワインなのですが、ほんのりとした甘みが特徴。強い果実味があり、渋味や酸味は気にならないほど穏やか。

どこか懐かしさを感じるような風味で、ぶどうジュースのような飲みやすさがあります。

また、普段の食事にも良く合います。

 

蒼龍「あじろん初しぼり2017」は如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ソアーヴェとあじろん」成熟世代に支持されるワイン

 

 

酒倶楽部ステップで販売させていただいているワインの中で、特に成熟世代の方々に人気のワインをご紹介いたします。

dsc_0263

 

 

 

 

 

 

 

【蒼龍葡萄酒 あじろん初しぼり(勝沼)】と【サン・ミケーレ ソアーヴェ・クラシコ(北イタリア)】

流石は成熟した世代の方々です。どちらも飲みやすく、飽きの来ない味わいです。

赤ワインの「あじろん初しぼり」の方は、ほのかに甘みが感じられる、渋味や酸味の少ないタイプ。ぶどうジュースのような飲みやすさがあります。

もちろん和食にもよく合います。

大変に恐縮なのは、今シーズンはもう完売しました。前シーズンは蔵元からリリースされて半年~1年ぐらいは販売できたのですが、今シーズンは完売してしまいました。農作物ですから仕方がありません。

白ワインの「サン・ミケーレ ソアーヴェ・クラシコ」は、飲み口軽やかな北イタリアのワイン。洗練されたエレガントさのある味わいです。

北イタリア料理にはもちろんですが、日本料理にもよく合う味わいです。

このワイナリーの創業者は数年前に100歳で他界されたとのことですが、生前に長生きの秘訣を聞かれたときには必ず、「このソアーヴェを飲んでいるから」と答えられたのだとか。

たしかに美味しい白ワインであり、また長生きしそうな気のする味いでもあります。

成熟世代の方々に支持されるワイン、お試しになってみては如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ