人気です!紀州梅干し焼酎用

酒屋のおやじがまだ若いサラリーマンのころ、上司と飲みに行くと必ず「焼酎のお湯割り梅干し入り」というものを飲んでおりました。

焼酎は宝純だったと思いますが、梅干しを一つ入れ、割りばしでグチャグチャに潰しながら飲んでおりました。最近、酒屋のおやじは、それを飲む事はなくなりましたが、酒倶楽部ステップでは、それに使う焼酎用の梅干しが、今でも良く売れている人気商品の一つなのです。

ume

「紀州 美智子漬 梅干しチューハイ用」1Kg1,260円。

ここの社長さんのお名前が美智子さんなのだそうです。紀州産の大粒梅干しが1Kg入って1,260円!! すっごくリーズナブル!!美智子社長には、何時までも頑張ってご商売して頂きたいと思っております。

この焼酎用の梅干し、食用の梅干しと何が違うのかというと、焼酎用の梅干しには紫蘇や蜂蜜、鰹節など余計な味付けが一切されていない、昔ながらの塩だけで漬けた梅干しなのです。

この「焼酎用の梅干し」しかも紀州産、販売しているお店も少なく、もし販売していても価格は、けっこう良い値段。ほんとに美智子社長に感謝です。

通の「焼酎のお湯割り梅干し入り」の作り方!

コップには最初にお湯を入れます。次に焼酎を入れ、梅干しを一つ落とし、好みで中の梅を潰す。最初に焼酎を入れるとお湯を入れた時にアルコール分子が壊れてピリリとした、とがった味わいになるのです。お湯が先の場合は、まろやかな味わいとなります。

梅干しを入れると焼酎の味わいが深まり、悪酔いしにくくなるんです。それは、梅干しの塩と酸が焼酎独特のにおいを和らげるのと、梅干しのクエン酸が全身の新陳代謝を盛んにしてアルコールをすみやかに分解して排せつを早めるからです。

冷たい「梅チューハイ」の場合は、酒屋のおやじのブログのメンターである、マサさんおすすめの「ポッカ焼酎用うめ」が良いようです。当店でも早速入荷しましたよ。

pokka

やっぱり酒屋のおやじにとっての大衆居酒屋の味は、この「焼酎のお湯割り梅干し入り」です。久々にし”みじみと飲みたいなー”って思っておるのであります。今日みたいに台風が来てて、やや肌寒い日には、ホントに美味しそうですね!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ