杉樽米焼酎「杉蔵」

シルバーウイーク長かったですねー!まだお疲れの方は多いと思います。御苦労様でした。

酒屋のおやじは家族で高尾山にでかけたんですよ。

「世の中ではインフルエンザが流行ってますから、あまり人の多い場所に近づかないで下さいね。」という指導を頂き「じゃー山へでも行けばいいかな」ってな感じで、高尾山へ出かけたんですよ。行ってビックリ!凄い人!!何でもミシュラン観光ガイドで三ツ星を取得し、それ以後、急に観光客が増えたのだそうです。

tarusake

酒屋のおやじは、何処へ行ってもお酒が気になってしまいます。高尾山と言う名前の樽酒が奉納されておりました。

で、この樽酒の樽。一般にはあまり馴染みがないと思いますが、風味の良い樽酒を造るには奈良県の吉野の杉から造らないと、よろしくないと言われているんです。しかも、酒に接する面(樽の内側)が赤みがかってないと、風味の良い美味しい樽酒にならないのです。

いくら高尾山周辺に、嫌になるほど杉があっても使えないのです。(高尾山の奉納された杉を使ったらバチがあたりそうですが!でも、明らかに杉の木は多すぎです!)

で、酒倶楽部ステップのピッカイチ商品「杉樽 米焼酎 杉蔵」!量り売りです。

sugizou

もちろん吉野杉の樽で貯蔵してあります。

試飲して頂くと、皆さん淡麗辛口の樽酒(清酒)と間違えてしまうんです。でも焼酎!アルコール度数は25度あります。

つまり、樽酒好きの方におすすめの焼酎なのです!

杉樽の香りが心地よく、淡麗辛口の樽酒を飲んでいるのと勘違いしてしまう味わい。それと、焼酎ならではのスッキリとした飲み口。氷を入れてオン・ザ・ロックすると、ちょうど良いあんばいになるんです。

10月はお祭りが多い時期。お神輿担ぐ前に、この樽酒焼酎飲めば気合いが入りますよ!きっと!

酒倶楽部ステップに来店して頂ければ、いつでも試飲できます。吉野杉の上質な香りを楽しんでいって下さい。

花粉症にも効果があるかも!?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ