「球磨焼酎 大石 琥珀熟成」ヤバ過ぎる味わい!

球磨焼酎とは本場で造られるの米焼酎のこと!

球磨焼酎(米焼酎) 大石 琥珀熟成 特別限定酒 AL25% 1800ml 3,465円

 ヤバ過ぎる味わいとは、もちろん若者言葉で”とっても美味しい!”という意味です。それもちょっと驚きのある美味しさ。

米焼酎の本場、熊本県球磨郡の伝統ある米焼酎蔵である大石酒造場は、受け継がれた伝統的製法を大事にしつつ、斬新的な試みを取り入れるチャレンジ精神旺盛な焼酎メーカー。超音波による熟成や、お米の無農薬栽培、また今回ご紹介している焼酎のように様々な洋酒樽を使ったりと、様々な挑戦を続けておられます。

 この「大石 琥珀熟成」は、球磨川の伏流水である湧水で造った米焼酎を、シェリー樽に3年貯蔵熟成させたものと、ブランデー樽に3~5年貯蔵熟成させたものを、絶妙にブレンドした長期貯蔵米焼酎。

まろやかで深みがあり、琥珀色の甘みのある優雅な風味。それでいてブランデーやウイスキーと違い、雑味がなくクリーンでスッキリとした後味。とても飲みやすい、スルスルと喉ごし良く楽しめる味わいです。オン・ザ・ロックがおススメですが、お湯割りにしてもイケます。

最近はその時の状況に応じて、清酒、ワイン、ハイボール、ビール・・・・とさまざまなお酒を楽しむ傾向にあるようですが、最後にはやっぱり焼酎を一杯!みたいな方は少なくないようです。そんな愛飲家の中には、〆の焼酎にこの「大石 琥珀熟成」に行き着いた方もおられます。また洋酒に混じってバーなどでも置かれていて人気なのだとか。

それほどにヤバ過ぎる味わいの球磨焼酎。ぜひ一度お試しくださいね。

ページ
トップ