ワインボトルに入った上質芋焼酎「別撰桜島」

鹿児島焼酎蔵の名門、本坊酒造が一年に三度だけ限定で出荷する熟成芋焼酎「別撰熟成 桜島」、スタイリッシュなワインボトル入りです。

南さつまで生産された原料芋「黄金千貫」を使用し、黒麹で丹念に仕込んだ原酒の中でも、厳選されたものだけを1年から2年の間じっくりと熟成させた特別な芋焼酎とのこと。

sakurajima

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

750ml アルコール度数25%、ステップでの販売価格1,260円

軽めの濾過で旨みのある原酒を熟成してあるため、濃厚な感じもありますが、まろやかで上品な感じに仕上がっていると思います。本坊酒造らしい、本来の芋焼酎の味わいを素直に表現した感じの、飽きのこない味わいです。

見るからに都心に向けた戦略の商品ですが、高そうなワイン瓶に、地元産の原料を使った熟成酒を入れ1260円は嬉しいですね。流石、本坊さんです。

ホテルのバーなどに置かれていても、全然違和感のなさそうな感じもいいですね。ホテルのバーで「桜島をロックで」なんて注文したらかっこいいかも!かっこいいおやじって感じ!?「やっぱり焼酎は人生と同じで熟成してないとね!」なんて言っちゃって!かっこいいおやじになってみたいと、これを書いてるおやじは思うのです。 headers

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ