人気の芋焼酎「赤霧島」一升瓶が2011年春に発売!その前に!

大人気の芋焼酎「赤霧島」一升瓶が2011年春、遂に発売される予定!

その前にキャンペーン!

               

写真は900mlです。

キャンペーンの名前は「赤キリ白キリ黒キリ あなたはどれ?お好きな霧島プレゼント」。2010年10月1日~2010年11月30日の間に「霧島」「黒霧島」の一升ビン、一升パックに添付されている専用応募ハガキか、そこに記入されているシリアル番号を使ってWEBサイトで応募すれば抽選で景品が当たるというもの。

景品は「霧島(20度)」「黒霧島」「赤霧島」のシリアルナンバー入りキャンペーン一升ボトルが各10,000人に、合計30,000人にプレゼントされます。

今の人気を考えれば「赤霧島」に当然のごとく人気が集中しますね(笑)!それに、来年春から「赤霧島」の一升が定番品として他の霧島商品のように市場に出て来るとは、とても考えにくいしね。現在限定で発売されている赤霧島900mlのように少量づつの割り当てになるのでしょうか?

最近の「赤霧島900ml」は、飲食店さんからの引き合いが、とっても強いんです。「在庫があればいくらでも買うわよ!!(激)」みたいなお店さんは結構おられて、値段が高くても承知で仕入れているようです。とうぜん飲食店さんの販売価格は高くなり5千円~1万円ぐらいで販売されているところもあるようです。

「そんなに高い値段で注文する人いるの~??」って感じもするのですが、お酒の世界での ”ないものねだり” の欲求は、何時の時代でも強いのです。そして、人気があって需給バランスがタイトになっている酒はブランド力が増して、益々人気になって行くんですよね!

贈り物の時期になると「森伊蔵」や「魔王」の引き合いが強くなるのは(不況下にもかかわらず!)価格が高く、それがブランド力となっているからだと思います。

「赤霧島」一升も「森伊蔵」や「魔王」のようになって行く可能性は十分にあります。また、そういった戦略で販売している様にも見えるのですが!

今年の後半以降、インターネット市場で「赤霧島」一升びんを販売するところが出て来ると予想されます。いったい、いくらぐらいの値段が付けられますことやら!?注目です。メーカーが一番注目しているかな!?(笑)

ページ
トップ