超お得!「越乃雪椿 壱百壱号 大吟醸無濾過原酒 特A山田錦特等米」

超お得な限定の新潟地酒。限定800本!

「越乃雪椿 大吟醸無濾過原酒 特A山田錦特等米」(ながい!しかも中国文字かと思うほど漢字ばっかり!)名前が長いほど、こだわりが沢山詰まっているのです。

yukitubaki 

「越乃雪椿 大吟醸無濾過原酒 特A山田錦特等米」一升 3,990円 ロットナンバー入り。

酒米の最高峰である兵庫県特A地区産山田錦(とても良い山田錦が出来る4~5か所の地域)の中の、更に特等米と格付けされたお米のみで仕込んであります。平たく言えば、酒米の世界のピラミッドの頂上だけを使っているのです。

しかも無濾過(やや黄色い色合いで旨味たっぷり)原酒(水を加えていない)お酒。アルコール度数は17~18度で、たっぷりとした旨味とふくよかさを持ちながらキレのある味わい。まろやかで繊細、大吟醸酒らしく洋梨の様なフルーティーな吟醸香が広がります。

名前の壱百壱号は、鑑評会出品用のタンク101号のこと。賞を取るために丁寧に仕込まれたお酒なのです。

1年間でこの時期だけ清酒を楽しむ方も多いと思われます。この大吟醸の王道を行く、直球ストレート勝負の味わいを楽しむべきでしょう!しかも、この品質で一升3990円!!安過ぎです!

飲み方は、もちろん常温か冷やしたものを、そのままがベストなのですが、ロックにしたり、炭酸水で割ったりしてもイケますよ!また、大吟醸のフルーティーな香りを楽しむために、大ぶりのワイングラスに注ぎ、ぐるぐる回しながら高貴な香りを楽しみつつ、チビチビやるのもいいですね。

大吟醸酒はフルーティーでハデ過ぎるくらい華やかな方が良いと、酒屋のおやじは思うのです。そうでないと、これから清酒販売の主戦場になると予想される外国で、勝負して行けない気がするんですよね。特にアメリカとか。アメリカの高級レストランで食前酒によ~く冷やした、ハデハデに華やかな味わいの大吟醸酒を出したら大受けすると思うんですがね~!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ