プレミアム清酒「十四代」「飛露喜」・・・・!

年末近くなると、どうしてもお客様から注文されてしまうのが、いわゆるプレムアム清酒。

一昔前は、「久保田」「八海山」「越の寒梅」などでしたが、最近は「十四代」「飛露喜」などへ、お客様の要望も変化して来ております。

元請け会社の社長さんとか、総合病院の院長先生が主席する忘年会で「なんか旨い酒持ってかなきゃ!」って事になったら、やっぱり名前が知られていて、希少価値があり、高い値段の付いている酒って事になるんですよね~!そうなると、ネット販売で探すか、うちみたいな酒屋に来るかって事になります。酒倶楽部ステップは、お客様のご要望に出来るだけ応えているため、何とか取りそろえるんですよ(汗)!

yuunei

清酒「十四代」「飛露喜」などなど、価格は市場価格に連動(つまり時価!)

この手の有名清酒の味わいは、非常に飲みやすく、甘みのあるフルーティーな感じでスッキリとした印象(大雑把な感想ですが)。もちろん大変に美味しいのです!

今、中国ではニンニク バブルなのだとか!?(オランダのバブルで有名なチュウリップの球根に、見た目似てますが!(笑))。需給バランスが崩れれば、その価格は極端に変動します。中国の方も、とっても高価になったニンニクを大金はたいて、目立つ様に買うのは、結構気持ちがいいのではないでしょうか!?

プレミアム清酒も、需給バランスが均等ではない希少銘柄を、高価で買って自分で楽しむ、もしくはプレゼントやパーティーに使うのは、きっと自尊心をくすぐる様な、楽しい気分にしてくれるのではないでしょうか。それに、日本人のお金持ちは60歳以上に集中しているわけで、酒ぐらいでいくら贅沢しても、まったくその後の人生の影響はないのです。向こうまでお金は持って行けません。楽しんだもの勝ちなのです!

人生楽しみましょう!そう思ったら酒倶楽部ステップへ一声かけて下さいね(笑)!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ