吟醸の部最優秀賞「壺中天地」

酒倶楽部ステップ一押しの地酒蔵、長岡の高橋酒造さんの酒!

「第八十回 関東信越国税局酒類鑑評会」の”吟醸の部”と”燗酒の部”で優秀賞を受賞されました。

おめでとうございます。

受賞したお酒は、燗酒の部で「特別純米 八一(やいち)」と吟醸酒の部で「大吟醸 壺中天地(こちゅうてんち)」の二つ。後者の「壺中天地」は三年連続の受賞です。

今回は冷やがメチャメチャ旨い「壺中天地 大吟醸」のご案内。この壺中天地、旨い酒の王道を行く、直球ストレートの味わいの酒なんです。それは何かと言うと、酒米に40%まで削り落した山田錦を使用、酵母は協会9号熊本酵母、そして越後の淡麗に仕上がる名水を使うんです。これを業界ではYK40とかって言います(Y=山田錦 K=熊本酵母 40=40%までの磨き)。これが、鑑評会で優秀賞を取る王道中の王道の酒なのです。

kochuutennchi

大吟醸 壺中天地(こちゅうてんち)一升7,800円 四合 3,900円。

この「壺中天地」の文字は、蔵元の高橋酒造さんと縁のある書家の故 會津八一氏が、高橋酒造さんの酒を飲み、あまりに旨いことから、この”壺中天地”の書を遺されたのだとか。

味わいは、上品で華やかな香りに、なめらかで深みのあり、爽やかな後味。飲み口がヒジョーに良く、ある意味、危険に美味しいお酒なのです。いただき方は、常温か少々冷たくして。

先日、ありがたい事に、この高橋酒造の杜氏を長年務められている平澤さんに、新潟の大根とネギを頂いたんです。今年の新潟は、あまり気温が下がらず、ちょっとネギはかためらしいのですが、大根もネギもとっても美味しく頂きました。ごちそうさまです。新潟のものは、ほんとに何でも美味しいですね!やっぱり土地、環境が良いのでしょうか。ワイン風に言うとテロワールが良いのですね。杜氏さんは言います「大根は畑に沢山あるから、トラックで来て好きなだけ畑から採って持ってけ!」って。今度ホントにトラック借りて美味しい大根を山ほどもらいにいこうかな~!ってうちの奥さんと話してるんですよ!

ちなみに新潟の大根もネギもデッカイ!そして甘い!かなりリッチなお野菜なのです!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ