平成22年 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒「壺中天地」

平成22年度の全国新酒鑑評会において長岡の高橋酒造さんが、めでたく金賞を受賞されました。

長陵(ちょうりょう)大吟醸  壺中天地(こちゅうてんち) 金賞受賞酒 720ml 4,200円

実際に鑑評会に出品した酒のタンクから瓶詰めされた、限定数量の大吟醸酒です。この金賞受賞酒が6月後半に一回だけの出荷で販売されます。

40%まで磨いた酒造好適米「山田錦」を使った、柔らかな香りに、なめらかで深みのある味わい。爽やかな後味が特徴です。特別な日に、ちょっと良い清酒を楽しみたい。もしくは贈りたいと思えば、このデザインが良くてキレイな味わいの金賞受賞酒は最適なのではないでしょうか。

ラベルの文字は新潟出身の文人、會津八一によるもの。何でも高橋酒造先代当主の高橋貞の夫人が會津八一の遠い親戚であり、顔なじみであったこともあり、會津八一が長岡を訪れた際の酒宴に先代当主が呼ばれたのだそうです。

その席で會津八一は先代の当主に向かって「お前の酒の飲み方は気持ちがこもってるな。酒の心を知っている。さすが、酒造りの跡取りだ。よし、一枚書いてやろう。」と声をかけられたのだそうです。

見る間に筆を執りあげた八一は、一気に「壺中天地」と漢書にある語句を書きあげました。これは別天地、別世界、仙境を意味するのだとか。

最近は外国への日本からのお土産に清酒が人気です。また日本食ブームの影響か、清酒のことを良く知っている方々も海外には少なからずおられます。

外国へのお土産に、この「壺中天地」は、大変に気の効いた贈り物となるはずですよ!なんたって中味もアートなら、外見もアートなのですから!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ