投資の神様ウォーレン・バフェットさんワイン業界に参入!!

投資の神様ウォーレン・バフェットさんがワインの卸売会社へ投資!アメリカのワイン業界は大騒ぎ!!え~この先スッゴク儲かるのかな~!ルンルン♪♪って!(笑)

ウォーレン・バフェットさんが購入したのはエンパイヤー・ディストリビューティングという社員さんが600~700人規模のワインの問屋さん。何でも米国のジョージアとノース・カロライナのワイン流通の25%ぐらいのシェアを持っているらしい。

世界中のワイン関係者は、「あのバフェットさんが投資するのだから、きっとスゴイ事になるに違いない!!(儲かるってことです。)」と話題になっているのは容易に想像がつきますね。(笑)

日本でも数年前に大手の投資ファンドが日本の酒屋チェーンを買収して話題になり、その後、酒の市場をかき回したあげくに、みごとに失敗して撤退して行きました(涙)。このケースとはかなり程度が違うようです。

まずバフェットさんが投資するのですから、エンパイアの買い取り価格は相当割安だったのでしょう。バフェットさんの持つ価値基準値よりも大幅にアンダーヴァリューだから購入したと推測できます。

それと、先日投資した米国の鉄道会社と同じく米国景気復活に賭けているのだと推測できます。どこの国でも酒類の流通は、それなりに保守的です。新規参入者が気軽に商売を始められるような業界ではありません。したがって、米国景気が復活すればそれに比例して邪魔される事なく利益を伸ばせる可能性が高いのです。

もうひとつは、米国のミレニアルスと呼ばれる、日本でいうところの団塊の世代の子供たち(18歳~29歳)。今後この消費の中心になる世代の人たちがワインに対してもっと興味を持つのではないかとアナリストは語っているのです。

以上の三つが酒屋のおやじが推測するバフェットさんの投資理由ですが、流石に偉大な投資家は目の付けどころが違いますね。

ワインでひと儲けというと=高級ワインの買い占め!?オークションで価格のつり上げ!?などとつい想像しがち!

でも、バフェットさんが今後ワインの問屋さんを通じて世界の高級ワインを買い占める!ってな事ではまったくなさそうですね。残念!!もしそうなれば、ホントに物凄い事になりそうなのですが。(笑)偉大な投資家はそんな品のないことはしないのです!

それと、バフェットさんが米国のワイン問屋さんへ投資したからといって「じゃー日本で同じ様な業務を行っている会社の株で勝負だ!!」ってのもどーかと思いますので、あしからず!!(笑)

 

ページ
トップ