世界のビール業界のパワーゲームは・・・

 

 

今朝の新聞によれば、世界のビール業界シェア1位のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(バドワイザー)が、2位のSABミラーに買収を打診したのだそうで、もし実現すれば世界シェア3割になるらしい。

このニュースでABI(バドワイザー)の株は大幅高なのだそうだ。

日本に生活していると、国内の大手ビールメーカーが販売している、第三のビールの新商品とか、健康を気遣った発泡酒とか、ちょっとプレミアム感のあるビールとかの情報ばかり。

我々は国内大手ビールメーカーのビール、もしくはビール系商品ばかり飲んでいるわけです。

だから世界の巨大ビール企業のパワーゲームとなると、まったくピンと来ない。

2015091710470000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【今朝の日本経済新聞】

なんと世界では上位4~5社が、世界のビール市場の半分以上のシェアを持ってるんですね。

「ビール産業は装置産業だから、たくさん売れれば利益はそれ以上に大きく伸びる」と聞いたことがありますが、世界のビール業界のトレンドは、明確な規模の追求のようです。

大手の国産ビールは、世界から見ればまったくのローカル・ビールということか。それでも日本でのシェアは非常に大きい。

しかし・・・・国内市場でのビールの消費は明確な減少傾向。かと言って世界でガチに戦うのは・・・・。

ひょっとして、上司がベルギー人になるような国内大手ビールメーカーも、近い将来出・・・・・・そんな気もした業界再編成の記事でした。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ