冷蔵庫がヤバイ!!

メインの冷蔵庫の冷えがイマイチなんですよね~!(汗)

業務用冷蔵庫の寿命は7~8年なのだそうです。酒倶楽部ステップで使っているメインの冷蔵庫は2003年製で8年は使っているわけで、そろそろ一般的には寿命らしい。購入するときには、「15年ぐらいはもたせるぞ!」ぐらいには考えるのですがね~!フロンガス廃止以降は冷蔵庫の寿命が短くなったらしいのです。

今日、冷蔵庫屋さんに来て頂いて、ラジエーターを特種な薬品で清掃してもらい、後数年で廃止になる予定のガスを注入して、冷蔵庫への延命処置を施してもらいました。これでしばらくは大丈夫な様ですが、完全な修理ではないので後何年ももつことはなさそうです。

 冷蔵庫の買い替えに関しての説明も聞いたのですが、業務用冷蔵庫は値段がホント高いのです。ほとんどの業務店では現金で購入せずにリースにしているのだそうで、その割合は85%に達するのだとか。冷蔵庫を現金で購入して保守契約を結ぶか、合計では割高でも保守点検付きのリースにして月々支払いを続けるのかとの選択では、現金にそれなりの余裕がない限り、後者を選ぶことになるのだと思います。

しかし、酒類業界のように国内での市場の拡大が見込めない業界での店舗経営では、できるだけ余計な出費を抑えることもまたとても重要で、その場合は一時的な負担は大きいですが前者の方が良いということになります。もちろん一括で支払える余裕がある場合ですが。

 見渡せば、他の冷蔵庫やワインの保管場所の設備も、いつ寿命を迎えてもおかしくない環境にあります。大がかりにはなりますが、店舗全体で見直して、より月々の経費が抑えられて、なおかつ機能的な店舗になるようにしばらくの間、頭を搾ってみなきゃいけなそうです。

 それにしても、実質金利が高いとか、デフレが深刻でとかって言われてますが、業務用の設備関係はまだまだ高いですね~!(涙)

ページ
トップ