ピリ辛梅酒!?「とうがらし梅酒」

これからの寒い冬におすすめの梅酒!辛いのです!!

梅酒の中に唐辛子が入った「とうがらし梅酒」。”カプサイシン”効果で体がぽっかぽかになりそうな梅酒なのです。

tougarashiumeshu

とうがらし梅酒 720ml 1,260円

karashi

唐辛子が一本浮いているんです!からそ~!

他の唐辛子が効いた料理がそうである様に、最初は甘みのある一般的な梅酒の様な印象なのですが、その後すぐにピリピリピリ・・!と唐辛子の刺激が襲ってくるのであります。ちょっと、クセになりそうな味わい。もっと強い刺激の辛さが欲しい方は、中の唐辛子を食べながら飲むのも良いかもしれません!(しびれるぐらい、からいと思いますよ!)

唐辛子に含まれるカプサイシンは、発汗を促進し、血液の循環を良くするため、体の芯からポカポカに温まるのだとか。良質な睡眠をも助けてくれるのだそうです。まさに、冷え性の方にはおすすめの梅酒!たぶん、大酒飲みさんが、この梅酒を飲むと、大汗かきながら飲む事になるので、他のお酒を飲むよりも体に良さそうですね!でも、これ飲みながらカラオケはどうかな?のど痛くなるかも!

体を温める効果で有名なのが、唐辛子の「カプサイシン」と生姜の「ジンガロン」!生姜味の効いたウイルキンソンの辛口ジンジャエールと、とうがらし梅酒でカクテルを作れば、無敵の冷え性対策カクテルになりそうですね!(それにしても成分の名前って怪獣の名前みたいですね!)

酒屋のおやじ的には、さむ~い冬に、一人山の中の露天風呂につかり、この”とうがらし梅酒”と氷をお盆に乗せて、お風呂の中に浮かべ、ピコリンコ、ピコリンコとやりながら、寒い中で大汗かいてダラダラと一日を過ごしてみたいのです。ダイエット+リラックスできそうですね。

ここでベタな謎かけを一つ「とうがらし梅酒とかけまして、新婚さんとときます。そのこころは、甘いのは最初だけでしょう!」(補足:だから飽きがこないのです!)お後がよろしいようで!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ