農と食の展示会「埼玉県農商工連携フェア」

先日、埼玉県の農と食の展示会へ行って来ましたよ。埼玉には美味しいものいっぱい!!

pannfu

まず立ち寄ったブースは埼玉県農林総合研究センター。

honnmorokokennkyu honnmoroko honnmorokokara

ホンモロコと呼ばれる、小魚でもっとも美味しいと言われる魚なのだそうです。料亭さんなどへ高値で取引されており、このホンモロコの養殖を研究されているのだとか。コイ科の淡水魚で、クセがなく柔らか。酒の肴には最高と言った印象です。

himeayaka

その他にも、「ひめあやか」と言う名前のさつま芋。繊維質が少なく、甘くて滑らかなネットリした感じなのです。繊維質が少ないため、小振りのお芋でも、美味しくパクンと気軽に食べられるんです。

次に注目したのが、お蕎麦の芽とそのサラダの試食。初めての体験(汗)!

sobasarada

紅芽蕎麦と言う名前で、かいわれみたいな味わいと食感なのですが、苦味が少ない感じでしたよ。

埼玉県は農産物が美味しいのです。いろんな果物や野菜が出品してましたよ。それから、お肉も美味しいのです

kawagoeimo   jyannbonashi

川越のさつま芋「川越芋」とジャンボ梨「彩玉(さいぎょく)黄金の雫(おうごんのしずく)」。両方とも甘みがのって美味!

酒屋のおやじが以前から食べたかったお菓子がありました。埼玉県の人なら、たぶん誰でも知ってる「ウマすぎる!」あれです。

jyuumanngoku

そう埼玉テレビでCMを流している「うまい!うますぎる!十万石まんじゅう!」です。けっこう軽い味わいで、2~3個ペロッて食べちゃいそうな味わいでした。

試食はできませんでしたが、次に気になったのがコレ!

kounosura-menn

鴻巣(こうのす)ラーメン!埼玉産の小麦粉にこだわったラーメンなのだそうです。かん水、科学調味料、たん白加水分解物、合成酸化防止剤が無添加なのです。ちょっと、食べてみたい感じなのであります。

その他、おいしいお肉、手作り豆腐、ケーキや菓子など様々な食品がありました。埼玉県の食品は美味しいのです。ガンバレ彩の国(埼玉県が名付けた埼玉県の愛称で”さいのくに”と読む)。

konnnyakugohann       choko

この「こんにゃくご飯」全く違和感なく、美味しくたべれました。優れ物です。これは売れそうですね!チョコレートのお菓子も美味しかったよ~!ごちそう様でした。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ