タウン誌「ぱど」でステップが紹介されましたよ!

タウン誌「ぱど」の戸田、蕨エリア版と川口、西川口エリア版の「クリスマスアイテムにクローズアップ!」の中で酒倶楽部ステップを紹介して頂きました。

ぱど編集部の皆さん、ありがとうございます!

pado       padonaka

特集ページの右端の中段に、花屋さん、雑貨屋さんに交じって掲載されてます。

クリスマスを家で楽しむための、クリスマスアイテムの紹介と、それを販売しているお店の紹介なんです。クリスマスだと、飾り付け、ケーキ、お料理、などが注目されるんでしょうか?そんな中、よくぞ酒屋を取り上げてくれました!流石は「ぱど」さん!!

ところで、最近の「ぱど」は、以前に比べて紹介されてる飲食店の数が、減って来ている様な気がするんですよね。酒屋のおやじにとって「ぱど」さんのグルメガイドは、一番目を引くコーナーなんですけどねー。最近はやっぱり、この手の情報はケータイかパソコンで調べるんでしょうか!?酒屋のおやじの知り合いにも、「飲み会」と聞くとケータイ二刀流で、片手で検索、もう一方でメール配信と、スゴイ速さで使いこなす人がいるんですよ。凄過ぎです(笑)!

忘年会の時期になると、飲食店さんとの間で必ず話題になるのが「宴会に付き物の”飲み放題”をどうするか?」なんです。

大手チェーンの居酒屋さんだと、必ず「飲み放題プラン」が用意されているんですよね。もし自分が幹事になるなら、必ず利用したい便利なプランなのですが、飲食店さんにとっては複雑なのです。

高いお酒は、もちろん飲み放題というわけには行きませんよね。その他には、ビールの原価が高いため、そこが問題になって来るのです。飲み切れないほど瓶ビールの栓を抜いて「まー一杯どうぞ!」「おーとっとっと!こぼれちゃう!」なんてやられると、法事と同じぐらいの金額で販売出来ればいいんですが、辛い状況になっちゃうんですよねー、これが。生ビールの場合となると、これが結構手間がかかるんですよ。それに、大量に生ビールを注ごうとすると、生ビールサーバーが能力オーバーとなり、泡だらけになったりするんですよね~!

多分、お客さんがチューハイとハイボールばかり飲んでくれると、飲み放題大歓迎だと思うのですが(笑)!

大手チェーンの場合、生ビール意外は飲み放題のところが多いようですね。チェーン店でないお店さんは、最初の乾杯だけ瓶ビールで後は生ビールとか(瓶ビールが飲み放題だと、飲み切れないほど栓を抜いて、もったいない結果になるのです)。他には生ビールの代わりに、最近発売された、第三のビールの生樽を飲み放題用に用意したり、飲み放題を採用しなかったり様々なのです。

酒屋のおやじは、「飲み放題」や「食べ放題」があまり好きではないのですが、「飲み放題」へ行くと、ついついガツガツと飲みまくり、「食べ放題」へ行くと、これまたガツガツと食べまくっちゃうんですよねー!そんでもって、後でちょっと後悔してしまうのです。なんででしょ?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ