「ナチュラルチーズ」ワインがワインがススムくん♪♪

食事が終わって、「もうちょっとだけワインを楽しんでいたい!」って時には最高のアテですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラルチーズ各種  全種類ワンカット 500円

チーズとは食品の中で最高の発明品かも知れません。原料のほとんどは牛乳で、保存が効き、朝食でも酒の肴でも美味しく食べれます。味わいも幅広く、高級品になるとゴールドよりも高価なものもあるのだとか。お肉やお豆腐を食べるよりもエコなタンパク源と言えるのではないでしょうか。

酒の肴としてのチーズにはワインが通常合わされますが、日本酒や焼酎などにも良く合います。もちろんチーズの味わいの幅は広いですから、味わいのタイプごとに合うワインのタイプなどがあるわけですが、焼酎あたりでは、ほぼ全てのチーズとの相性が良いと思います。

ちなみにニューヨークのレストランの有名ソムリエさんは、食事の最後のチーズの盛り合わせには、シチリア産の酒精強化ワイン「マルサラ」をおススメするのだとか。チーズの味わいのタイプを問わず、味わいがマッチするのだそうです。特に熟成しているチーズには、同じく熟成期間が長い「マルサラ」が合うようです。

 またチーズはお料理に使っても美味しいですね。ブルーチーズ系をまとめて購入されるお客様は、それをスパゲティーのソースに使うのだそうです。チリとガーリックをオリーブ油で炒め、そこにブルーチーズと牛乳を加えてスパゲティーのソースとするのが大好きなのだとか。ワインにも合いそうですね。

子供の通う小学校の校長先生が、快楽を追求した古代ギリシャの哲学者のお話をしてました。たどり着いたのは「満足という名の贅沢」。そしてその贅沢に必要なものの中に「少しばかりのチーズ」が入っておりました。

少しばかりのチーズと、それに加えて美味しいワインがあれば、きっとその快楽を追求した高名な古代ギリシャの哲学者よりも、より一層の満足が得られるかも知れませんね!もちろん飲んベーさんにとっては(笑)!

 

 

 

ページ
トップ