静かな混乱は継続、そしてまた「水」。

大きめの余震が続き、静かな状態で混乱は続いているようです。

誰にとってもストレスフルな毎日ですね。

こんな昨今、小さな子供を持つお母さん方や、おばあちゃん方が集まると話題になるのが「水はどうしてんの!?」だそうです。

水道局発表の放射能の数値を信用していないわけではないのでしょうが、自分達は水道水を飲んでも、まだ小さい我が子や孫には、やっぱり最善を尽くしたい気持ちになるのだと思います。

ミネラルウォーターを購入されるお客様が必ず問うのは「この水は軟水かどうか?」。赤ちゃんのミルクに使うのには軟水が良いということなのでしょう。

新聞では大手メーカーや小売店が「海外からミネラルウォーターを大量輸入!」などと書かれているのですが、ミネラルウォーター市場が緩んでいる気配はまったくありません。

もちろん、まず被災地向けが優先されているのだと思うのですが。

 震災の直前、酒倶楽部ステップには山のようにミネラルウォーターの在庫がありました。もちろんアッという間に売り切れてしまったのですが。

これは普段から酒屋の大オヤジに「水なんか安いものなんだから、何か災害があった時にご近所に配れるように、いつも山のように水の在庫を持て!」と指導されていたから。身内ながら素晴らしい考えだと思います!

ここ埼玉県は幸運にも被災地にはなりませんでした。それでも、もの凄い勢いで水を求めるお客様が来店されまた。”ご近所に配る”という雰囲気ではまったくなかったのですが、少しはご近所の方々のお役に立てたのではないかと思っております。

そこから一ヶ月以上経った今、まだ余震は続き、福島の原発の問題は継続しており、静かな中での混乱は続いています。空気、水と目に見えない汚染への恐怖は、人々を余計に不安にさせるのだと思います。

酒屋には今までのようなお得価格のミネラルウォーターの入荷はありません。しかし、やや価格の高い、健康を気づかった天然温泉水などは沢山ではありませんが入荷しています。

一度に沢山の販売は出来ませんが、必要な分だけご利用下さい。

焼酎やウイスキーの割り水に使っても美味しいですよ!

 

 

ページ
トップ