「ナイジェリア ギネス・グルダー」WC観戦をアテに

 

 

昨晩のワールドカップサッカー日本代表の試合は素晴らしかったですね。

最後の5分間のロスタイムまでハラハラドキドキ。その手に汗握る試合には、大変に楽しませていただきました。

「分けるかなぁ~」なんて思ってたら、まさか勝っちゃったからスゴイ。

そしてもちろん、「こんなに素晴らしいアテはない!」と、飲んべーのひとりとしては思った次第です。

そこで、次の試合相手がアフリカのセネガルだからというわけではないのですが、サッカーワールドカップ観戦をアテにおススメしたいお酒のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【ナイジェリア ギネス325ml・600ml と グルダー600ml】

サッカーの試合は約2時間あるため、あまりアルコール度数の高いお酒では、酔いがまわって試合内容が分からなくなるかも知れません。

アルコール度数は低めなものがベターでしょう。

また、喉ごしの良いグビグビ飲んで旨いものも、飲み過ぎてしまうかも知れません。

ちびちび飲んで美味しく、なおかつたとえ温度が室温になっても美味しいものがベストなのです。

そこでおススメしたいのが味わいがしっかりとしたビールです。

ナイジェリア・ギネスは、濃くて、リッチで、まるでエスプレッソ・コーヒーのような味わい。

同じくナイジェリアのグルダーは、キルケニーを思わせるような琥珀色の旨み。

 

今晩はポルトガル対モロッコ。スーパースターのプレイが素晴らしいアテにあることは、言わずもがなでしょうか。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ