名古屋の地ビール「金しゃちインディアンペールエール」

名古屋の名門蔵、盛田さんの限定地ビール「金しゃちインディアンペールエール」

indy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大航海時代に英国からインドへ向かう長い航海に耐えられる品質のビールとして誕生しました。高いアルコール度数と、強烈なホップの香りや苦みが特徴です。

アルコール度数は7%。色は琥珀色で柑橘系の香りがする、刺激の強いビールです。グビグビと喉を鳴らして飲む感じではなく、これからの秋の夜長、チビチビとあまり冷たくし過ぎないでやるのがおすすめです。まるでイギリスのパブでビールを飲んでるように「このビール濃いな~」「苦いな~」「ぬるいな~」なんてチビチビやってると、その味わいに、いつの間にかハマってしまうのです!

この金しゃちビール、「名古屋赤味噌ラガー」なんてのも定番商品でありまして、名古屋では人気があるのだそうです。酒倶楽部ステップでも以前、この「名古屋赤味噌ラガー」扱ったのですが、蕨周辺ではそれほど受けませんでしたね。(残念!)

さて、この名古屋の名門酒蔵「盛田」さん、何とソニーの創業者である盛田前会長のご実家で一時ソニーの筆頭株主だった事もあるのだそうです。察するに”スゴーい資産家!!”って事になりますよね!酒蔵さんは、もともと地元の名士だったところが多く、現在でも大地主の資産家さんは多いのですが、ソニーの筆頭株主となるとケタがちょっと違ってくるかもしれませんね!

「金しゃちインディアンペールエール」一口飲めば、もう気分は名古屋の旦那衆!!粋に愉しんでいただきたいのであります!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ