「グルダー」褐色ビールの冷やさないウマさ

 

 

クラシックなスタイルのビールを飲むときの温度は、室温よりもやや低めぐらいが美味しいとイギリスでは言われている、と聞いたことがあります。

また酒屋の店頭でも、冷えていないビールをあえて購入される方もおられます。

酒屋のオヤジも、濃いめのビールは室温でチビチビ飲るのが大好きです。その香り豊かで、やさしいアタックがなんとも美味しく感じるのです。

ワインでは白やロゼは冷やして、赤は常温でが一般的ですが、ビールもひょっとしたら黄色、褐色、黒と温度を変えるべきではないかとも思う次第。

特に過ごしやすくなったこの時期、室温でおいしい褐色ビールのご紹介です。

2015101610280001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【グルダー】ALC 5.2%

アフリカのビール大国、個性的な「ナイジェリアン・ギネス」と同じナイジェリア産の褐色のビールです。

オランダのビールメーカーとのライセンス契約で生産されているナイジェリア産のビールで、ナイジェリアを含むアフリカで人気のビールとのこと。

アイルランドの褐色のビール「キルケニー」を思わせる味わいと言えるかも知れません。

褐色の色合いで、味わいが濃い印象ながら後味はスッキリ。室温でもそっけない感じはない。

ナッツ類でもアテにしながら、野外でチビチビ飲るには最高なビールではないでしょうか。

褐色ビール、黒ビールのほとんどは、冷やさない方がおいしいと、好みではありますが感じる次第です。

室温でもおいしいナイジェリアの人気ビール「グルダー」は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ