「ベアードビール スルガベイ・インペリアルIPA」味わいの爆発だ

 

 

飲んだ瞬間に爆発するボリューム感ある味わい。

これが日本の地ビールなのだから驚きます。

2015102519390000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベアード・ビール スルガベイ・インペリアルIPA】ALC 8% 静岡の地ビール

日本でビールを造って販売しようと思えば、やっぱりどこか売れ筋である日本の大手ビールメーカーの味わいを意識するのかも知れません。

それでも、あるんですね!

「・・・・・・これって、ホントに日本の地ビールなの!?」みたいな、迫力のあるボリューム感で、味わいが口の中で膨れ上がって爆発するような地ビールが。

ベアードビールは無濾過、瓶の中で二次発酵を行う自然発泡で、瓶の底に酵母が沈殿する、いわゆる本格派。

メーカーの商品説明によれば:

ホールフラワーコーン(生ホップ)で、2度ドライホッピング (フレッシュなホップの香りをビールに与えるテクニック) され、瓶詰めの際にクロイゼン (発行中の若いビールを加えてガスを発生させる) されている。

非情に複雑だが、バランスのとれたIPAで、駿河湾が深く壮大なように、奥深くインパクトが強い。

とのこと。

 

贅沢な味わいのビールとは、こんなビールのことを言うのかも知れません。

ボリューム感ある迫力のIPA「スルガベイ・インペリアルIPA」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ