“2017年2月”の記事一覧

「モンフォーコン」安定感あるローヌの美味しさ

 

 

「ジビエ料理を食べながらのローヌは最高ですなぁ~」

そんなジビエっぽい肉の味わいの濃いお料理に合う、安定感ある美味しさのローヌワインです。

ある試飲会場に、そんな安定感ある美味しさのローヌワイン「モンフォーコン」の生産者が来日されておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンフォーコン城の城主である伯爵の息子さんで「モンフォーコン」生産者。バロッサのヘンチキやヌフドパプのヴューテレグラフで修業され、1936年から途絶えていたシャトーでのワイン造りを見事に復活させました。

手に持っているワインは「モンフォーコン ヴァン ド ムッシュー ル バロン」。モンフォーコンが誇るローヌの15品種のブドウを混醸したワイン。絶妙なバランスのたいへんに滑らかさのある上質ワインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャトー ド モンフォーコン バロン ルイ 2010 ACリラック】

ブドウ品種:グルナッシュ55%、シラー15%、サンソー15%、カリニャン10%、ムールヴェードル5%

このワイナリーのフラッグシップとも呼べるカジュアルワイン。

ブレンドの魔術師と呼ばれるモンフォーコンによる、複雑なアロマに深みのあるリッチな味わいです。

モンフォーコンの魅力は、価格帯を問わずバランスが良く、ふくよかで滑らかさを感じるところでしょうか。安心感のある、ぬくもりを感じるような味わいがたまりません。

安定感ある美味しさのローヌ・ワイン「モンフォーコン」は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「いも焼酎ストレート」バレンタイン・マリアージュ

 

 

日本のバレンタインはやっぱりチョコレートですね。

年に一度の高級チョコレートを楽しむ日とも呼べるのかも知れません。

また女子にとっては、高級チョコレートのショッピングや、チョコレート系のスイーツづくりはこの時期の楽しみなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

そこで、チョコレートと一緒に楽しむお酒として、個人的にもっともおススメしたいお酒のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【酒倶楽部ステップの量り売り芋焼酎】

チョコレートに、やわらか系の芋焼酎をストレートで合わせるのが、個人的には大好きです。

ウイスキーやブランデーにチョコレートを合わせるのが定番なのかも知れませんが、よりクリアな味わいの芋焼酎の方が、素直に合うような気がするのです。

また、アルコール分が25%と、蒸留酒のなかでは低いためストレートでもそれほどのキツさはありません。

年に一度の高級チョコレートを、より美味しく、またより楽しく味わいたいと思えば、相性の良いお酒は必要です。

高級チョコレートに、やわらかい味わいの芋焼酎ストレートは如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

奥野田ワイナリー ~剪定作業に参加~

先週末 山梨県甲州市塩山の奥野田ワイナリーで

剪定作業に参加しました。

 

まず 中村社長から 奥野田の畑のロジックや 剪定作業について

座学を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肥料が畑に与える影響や

奥野田が なぜ 無肥料・無耕作で ぶどうを育てているかなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑に移り 実際に どのように 剪定していくのか

実演指導です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本1本 葡萄の樹の状況が違うので

なかなか どの枝をきるのか

即断・即決できないです。

 

今年 収穫する予定の枝を 2本選ぶのですが、

昨年の収穫が ちゃんとなされているのか。

枝の太さは 適正か どうか。

(細すぎても 太すぎても イケない・・・。)

 

そして 地上 75cm のところに 這わせているワイヤーを

基準に 樹形維持をしていくため、

数年後のために 予備枝 になるものは あるか など・・・・。

 

いろいろ 考えなくてはいけないし

いろいろ な 考え方が あるし

 

まるで 盆栽の手入れをするように

みんなで 喧々諤々・・・。

楽しいです✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この葡萄の樹も

最後は こんなに スッキリしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の カベルネも 皆さんの意見を 参考に

最後は 中村社長の ご判断で

右のような 剪定になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剪定した カベルネ・ソーヴィニョンの枝を いただき

今年も 育ててみようと思います。

 

細く、くねくねと 屈折している枝は

ストレスを感じている枝で

でも だからこそ

子孫繫栄のために

しっかりしている 芽が ついているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく育てば

温かくなるころには

水につかった芽の裏側からは 根が、

水につかっていない芽からは 葉が

生える予定です。

 

ステップの店頭に 飾っていますので

ご来店の際は ご覧になってくださいね。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「陶陶酒マカストロング」これがうわさのスタミナハイボール

 

 

お店さんによってネーミングは違うのだそうですが、炭酸水で割って「スタミナハイボール」もしくは「ゼツリンハイボール」と呼ばれるチューハイで、その実感できるところが人気なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【アンデスのチカラ マカ ストロング 陶陶酒】Alc29% 720ml @2450円+税

クジャクが綺麗な羽を広げるように、生物学的には発情期とか繁殖期になるとそれまでになく魅力的になるのだそうです。やっぱり生物の世界に生きる”モテるやつ”とはそうゆうことなのでしょう。

男女に関係なく魅力的でいたいなら、元気なことがまず必要なんですね。

そんな理由なのかどうか、陶陶酒の営業さんの話では、飲食店さんでこの「マカ」でつくるハイボールが人気なのだそうです。

なぜサワーでなくハイボールかといえば、たぶん味わいがウイスキーっぽいからでしょう。

説明書きには「お食事前、お寝み前に毎日続けてお飲みください。健康な毎日がお過ごしいただけます」とあります。

「どうせ飲むなら身体に良いもの」と考える方におススメしたいお酒です。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」ビビったら食われちまいそうだ

 

 

「マーケットはロングだ!ショートだ!」などと言いながら、市場で有利な立場にある者が巧みに相場をゆさぶる。上でも下でも相場が動く方にゆさぶり、偏った短期投機筋の反転しやすいポジションの反対売買を誘う。もしくは新規の売買を誘う。

狩猟的ディーリングの常套手段だろう。そして弱い投機ポジションは狩り獲られる。

またそんな狩猟法には、まったくもって寛容さがない。従ってそんなゆさぶりによるノイズは、時として大きく相場を変動させることになる。

為替市場ではミセス・ワタナベからまるで強盗のように荒稼ぎした手法だ。

おもに中小型株で注目されている銘柄が狙われるようで、株価が割高だろうが、割安だろうがまるでお構いなし。

 

 

 

 

 

 

株価形成における歪みでありノイズとみるべきだろう。

そして、そんな投機的思惑により形成された株価は、多少の時間が必要なのかも知れないが再帰的な動きをするというのが、かの「再帰性理論」ではないか。

合理的に考えてみれば、割安だと思えば買えばよいだけなのだ。

その他に必要なことがあるとすれば辛抱強くあることだろうか。

弱肉強食と呼べるこの市場で、強欲な狩人に仕留められて食われないようにするためには、仕掛けられるノイズにビビらないよう平常心で辛抱すること以外にないのかも知れない。

「恐れ」を売ることは得策ではない。また、その株価が割安だとすればなおさらのことだ。

合理的で辛抱強い投資法こそが、いつの時代でも最強なのだと信じたい。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 3 / 512345
ページ
トップ