「高級ワイン市況」英ポンド急落での価格上昇はそろそろ終了か

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

jly16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年7月から2016年7月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から3.6%の上昇。

2011年11月以降では最大の上昇幅。8ヶ月連続での値上がりとなり、2013年8月以降では最高値となった。

上昇幅が大きかったのはトップスコアのボルドー銘柄。ロバート・パーカー氏から100ポイントの評価を受けたワインが買われた。

上昇幅はCh・レオヴィル・ポワフェレ2009が10.7%、Ch・コス・デスツゥルネル2009が8.7%、CH・ラトゥール2003が9.5%、Ch・マルゴー2010が10.5%、オーパス・ワン2012が9.9%。

一方、値下がりしたのはボルドー以外のトップブランド。

アルマン・ルソー シャンベルタン2010が最も値下がりして9.8%。ペンフォールド・グランジ2009、サシカイヤ2010、DRCラ・ターシュ2012が2~4%の値下がり。

英国のEU離脱による英ポンドの急落により、割安感のある英国で取引されるワインに米国、香港などから買いが入ったようだ。

また、フランスのワイン商からのボルドーワインの買戻しの動きもあったようだ。

英ポンドはユーロや米ドルに対して約10%値を下げたが、英国でのワイン・インデックスの上昇幅は6月7月合わせて約6%。英国で取引されるワインに対してまだ割安感はある。

しかし、今後の英ポンドの動向が予想しにくい状況では、ここから大きくワイン・インデックスが上昇することは難しいのかも知れない。

世界のどこかで、中国でのボルドーワインバブルのような状況がまた勃発するようなことでもあれば、この上昇トレンドは継続するのかも知れない。しかし今のところその可能性は少ないようだ。

もちろん英ポンドがさらに値を下げるようなら、英国で取引されるワイン価格は値上げりすることになるのだが。

英ポンドの動向にワイン相場が翻弄される状況は続きそうだ。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ