「酒屋の株話」逆バブルの臨界点

 

 

マーケットが時として一方方向に行き過ぎるのは昔から良く知られた話。しかし、今週の値動きはすさまじかった。

「この市場環境で、このタイミングでか!?」みたいなショックには、思わず「ぎゃふん」って言っちゃいそうになりました(汗)。

ドイツの輸出額の2割を占めるという「大きすぎて・・・・・・」みたいなことにも発展しそうな「VWショック」。

名うてのトレーダー集団である、伝説のメタル商社「グレンコア・ショック」。

おまけに「福山さんご結婚ショック(失礼過ぎでしょ、なんでショックなの!?」

と、漠然とした下値不安のある、もろい市場環境が絶叫マシンと化した。

かぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

時として価格が一方方向に行き過ぎるのは、昔から繰り返されて来たこと。そのスケールが大きくなると「バブル」と呼ばれるのだと思います。

高級ワインの取引などでは空売りの仕組みがないため、下方に過度に行き過ぎることはないようですが、金融市場では空売り、先物の売り、オプションなどによる売りなどの仕組みがあるため、上方へ行き過ぎるバブルと同じように、下方に行き過ぎることがある。

ならば、この日経平均が17000円を割れた下方への過激な売られ方は、バブルの正反対の逆バブルと呼べるのではないかと思うのです。

また、バブルのピーク時(今回はボトム時)には、そのバブルを象徴する様な出来事が起きることが多いような気もする次第。

高級ワイン市場の場合には、2011年6月に中国系が2008年ヴィンテージのCH・ラフィット・ロートシルトを過激に、そして派手に買い上げて、それがピークとなりました。

様々な要素が複雑に影響を及ぼす取引での、複雑系の神秘とも言えるかも知れません。

そして、これも良く知られた話なのだが、「バブルは必ず弾ける」のです。

この逆バブルは今週、臨界点を超えたように思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ