「酒屋の株話」懐疑心が心地良い

 

 

相場が過熱すればもちろん注意が必要だが、今の日本株のようにショートカバーの後の、懐疑心ある強含みはなんだか心地が良い気がする。

北朝鮮からのミサイル発射ではもう日本株は下がらないようだ。逆に強含みの展開となっている。

 

 

 

 

 

 

悲観論が主導した今回の調整は、遂に再帰的な動きに入った。

日経平均ベースでも、すぐに2万円レベルを抜けてしまいそうな印象だ。

特に業績の拡大が見込める成長株では、この空前のカネ余りによる過剰流動性が、とんでもない高値まで運んでくれる可能性もあるのだと思う。

過剰流動性は値上がりしそうに見えるところに流れ込む。

もし、日本の成長株に値上がりしそうなストーリーがあり、まだ過小評価されていると思われたなら、大きく買われることになるのだと思う。

日本株市場のメジャープレーヤーである海外投資家が本格的に買い越してくる前に、購入するのが賢明ではないか。

ノイズに振り回されて短期的思考に陥るべきではないと思う。

また、勇敢なる空売りファイターの方々も、しばらくは深追いを避けた方が良いのではないかと思う。

 

いつまで経っても懐疑心が強いとみられるこの市場心理は、この上昇相場の息の長さを示唆しているような気がする。

懐疑の中で相場はますます育つと期待したい。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ