「酒屋の株話」この地政学リスクはまた買い場なのか

 

 

またしても北朝鮮を巡る地政学リスクだ。

ここ数年で経験した地政学リスクは、結果として日本株の絶好の買い場となった。

そして今回、今までとは違うのか・・・・?

 

 

 

 

 

 

・・・・・調整の規模こそ違うのかも知れないが、たぶん今回も同じではないか。言い換えれは、今回もまた日本株の絶好の買い場になると思う。

日経平均株価のレンジ内での値動きに賭け、ボラティリティを低下させていたオプションの売りが、この地政学リスクに過剰に反応したようにみえる。

おそらく、売られ過ぎであったであろうプット・オプションの、アゲンストの先物売りがパニック的に出て、この下げを主導したのではないか。

不完全な事態の認識と、それにともなう過剰なリスク回避の動き、トレンドに追随する投機的な売買・・・・・とてもじゃないが一緒になって売る気にはなれない。

それでも、さらなる円高や海外市場の下げに日本株市場が追随する可能性もまだある。しかし、この下げが一過性だと思えば、素晴らしい買い場が目の前に差し出された、もしくは差し出されつつあるということではないか。

マクロを予想するのはプロでも難しそうだ。ならば、自身でこんなものだろうと納得できるバリューが買いなのだと思う。

また、価格が下がったのだから、逆張り傾向の強い個人の逆襲もありそうだ。

そして、このお盆の閑散とした市場で、いわゆるサマーラリーが見られる、と期待したい。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ