「酒屋の株話」空売りのゲリラ戦か

 

 

市場のコンデションをたくみに利用した、投機筋による短期での空売り。ゲリラ戦の様相ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

夏場の株式市場が下方向にゆさぶられているように見える。

上でも下でも相場が動く方にゆさぶり、偏った短期投機筋の反転しやすいポジションの反対売買を誘う。もしくは新規の売買を誘う。

狩猟的ディーリングの常套手段だろう。そして弱い投機ポジションは狩り獲られる。

おもに中小型株で注目されている銘柄が狙われるようで、株価が割高だろうが、割安だろうがまるでお構いなし。

株価形成における歪みでありノイズだ。トレンドを変えるには至らないとみるべきだろう。

また、好業績の銘柄を投機筋が徹底的にたたいて来るとは考えにくい。

夏場の薄い取引のなかでゆさぶりをかけ、適当なところで仕切る。そして短期での利益を得る、言わばゲリラ戦だ。

結果として市場に恐怖心を与えるが、投資家として、けして刀も鎧もかなぐり捨てて一目散に逃げ出すような状況ではない。

短期の投機的思惑により形成された価格は、その後に必ず再帰的な動きになると考える。

 

夏場に「胆力を鍛えさせてもらっている」ぐらいに考えるのが丁度よいのかも知れない。

もうすでに日本株市場の参加者の胆力は十分に強いのかも知れないのだが・・・・・。

 

 

 

ページ
トップ