「酒屋の株話」季節要因の重石は外される

 

 

日本経済新聞の記事によると「日経平均インバース・インデックス連動型上場投信」の発行済み口数は昨年12月下旬から急激に膨らみ、最近は過去最高水準にあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

<写真は日本経済新聞>

「ベア型投信」を利用した中小金融機関の決算対策売りとのことで、株価の上値を抑える一因になっているようだ。

また、この地銀などが築いたベア投信の山は4月に一気に崩れるとみられている。

ベア投信を購入して含み益を保つのと、株式を売却して利益を確定するのと、何がどう違うのかよく分からないが季節要因による上値の重さが存在したようだ。

それでも3月中旬~下旬までの季節要因であり、その後に上値は軽くなるとみられている。実際に金曜日にはもう日経平均株価は上昇に転じた。

そんな状況を見抜いて、先物に買いが入っているのかも知れない。

ベア投信の運用会社は裏側で先物売りのオペレーションを行うが、その大量の売りポジションが4月には買い戻されると分かっていれば、先物の買いはおいしい話だ。

高所恐怖症ぎみな米国株も、調整はしているがそれほど下がらない。連騰の後の急落懸念は薄れつつあるように思う。

ドル/円相場も円安の流れに転換したとみられ、日本株は今後上値を試す展開となりそうだ。

株価が上がれば個人投資家はこれまで通り売り越してくると予想される。そうなれば、過熱感の感じられないある意味健全な株価の上昇が続くとみるべきではないか。

出遅れ感ある個別の成長銘柄にも、業績の拡大に追いつくような株価の上昇があると期待したい。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ