冷やしても美味しい!夏のSAUVEUR(救世主)なボルドーの赤

暑い夏でも 赤ワイン!それも、やっぱり ボルドーワイン という方も多いはず。

そんな方におススメするのがこの「SAUVER」(救世主の意)。

ボルドーらしい、品格ある香り、自然派らしいソフトでやさしい口当たり。

細やかな渋味と果実味のバランスの良さは最高です。

Vin de Table ですが、それは この造り手の こだわりゆえ。

喉の渇きを癒やす、果実味に溢れた赤ワインです。

 

造り手はもともと ワイン用木樽の製造メーカーでしたが、事業拡大として 代々、少しずつ 畑を買い足して、ワイン造りをしていました。

現在、5代目となるグザヴィエ・ランドー氏が1995年から経営に当たっています。

彼のポリシーは、『ワインを造る大事な要素は、テロワール、葡萄品種、伝統的な農法、それをまとめ上げる人間である』『まず果実味!葡萄の風味を第一に考えたワイン造り』

ボルドーと言う名前に、甘んじることなく、丁寧な葡萄栽培、ワイン醸造を行なっています。 

まず、除草剤をできるだけ使わない減農薬「リュット・レゾネ農業」を実践。

そのためには区画の隅々まで行き届いた環境管理をしています。 

そして、代々引き継がれた畑は、最高60年という高い樹齢。ですので、品質的に申し分ない果実が得られます。

収穫量を抑えることにより、しっかりした味わいを追求。 

テクニックが幅を利かせるボルドー地方で 、自然を尊重する栽培によって『テロワールを表現するワイン』を目指すヴィニョーブル・ランドーは貴重な生産者。

ですので、ワイン愛好家たちに人気の専門誌にて毎年多数の評価を得ています。 

 

ヴィニョブル・ランドー  ソーヴァー    1500円

ページ
トップ