「スペインワイン&フード商談会」スペインワイン輸入は右肩上がり!

スペインワインの試飲会が都内有名ホテルにて開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインのブドウ栽培面積は世界一で、フランス、イタリアに次ぐ世界第三位のワイン生産量を誇る歴史ある生産地なのだそうです。

正直、酒屋としては昨今の経済情勢を反映して「この価格で・・・・この素晴らし過ぎる品質は・・・・!(汗)」みたいなワインの発見を期待していたのですが、なかなかワイン輸入競争が盛りあがってるとは言えない状況では、期待通りという感じではなかったようです。

スペインワインを大きく分けると「クラシック・タイプ」と「モダン・タイプ」があるとのこと。

クラシック・タイプのワインは、テンプラニーリョ種を中心にブレンドされ、長期熟成されたワイン。フランスワイン(ブルゴーニュ/ボルドー)に例えるとブルゴーニュタイプで、優雅で繊細なアロマが広がり、口当たりまろやか。消費のほとんどが地元の方々なのだそうです。お得感のあるオールドヴィンテージのスペインワインは、こっちのタイプ。

モダン・タイプはテンプラニーリョ100%が主で、最近主流のワインと同様に果実味が豊かで力強く、より凝縮感のあるアルコール度数も高めのワイン。新しい生産技術を取り入れ、恵まれた生育環境を活かして造られます。ラベルやネーミングもモダンで、輸出されるスペインワインの多くはこのモダン・タイプ。

平たくいえば、ワイン業界のグルであるロバート・パーカーさん好みのワインですね。他の世界のワインも同じなのですが、現在主流のワインを売るための造り手の努力でしょうか。

 しかし、自然環境に恵まれていることもあり、非常にお得感のあるロバート・パーカーさん好みのワインが出て来ていることが、現在のスペインワインの最大の魅力だと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインワインの魅力の一つ1994年ヴィンテージのグランリゼルヴァが何と千円台。

 

 

 

ご存知スペインの名品イベリコハム。やっぱり美味しいですね。

その他、イワシやアンチョビのマリネも味わいがあってクセがなく美味しい。こちらは酒倶楽部ステップでも扱わせて頂こうかと考えております。

最近は都内を中心にスペイン料理系の飲食店さんが増えているようで、「スペインワイン&フード商談会」は大盛況。現在、日本でのスペインワインの輸入量は右肩上がりとのことですが、まだまだ増加が継続しそうな雰囲気です。

 

 

 

             

ページ
トップ