「ルネ・ルカン=コラン」素直に美味しいスクリューキャップのブルゴーニュ

 

 

「ブルゴーニュ・ワイン=高価では!?」・・・と、ついついイメージしてしまう昨今ですが、なかには妥当と思える価格で気軽に楽しんでいただけるワインもあります。

ブルゴーニュでグラン・クリュを生産されているドメーヌが造る、カジュアル・クラスの素直に美味しいブルゴーニュ・シャルドネをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

【ドメーヌ・ルネ・ルカン=コラン ブルゴーニュ・シャルドネ】

ブルゴーニュワインでは珍しいスクリューキャップ。

ブルゴーニュを代表するぶどう品種であるピノ・ノワールやシャルドネは、今や世界中で栽培されているのは周知の通り。

それでも、ブルゴーニュワインの味わいは、やはりブルゴーニュのぶどうでなければ造り出せないようです。

ドメーヌ・ルネ・ルカン=コランは、サントネ、シャサーニュ・モンラッシェ、ポマール、ニュイ・サン・ジュルジュでぶどう栽培を行い、コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ、バタール・モンラッシェ グラン・クリュ、コルトン グラン・クリュを生産してる生産者。

そのカジュアルクラスであるこのブルゴーニュ・シャルドネは複雑さには欠けるのかも知れませんが、その分クリーンでフレッシュな、ミネラル感あるみずみずしい味わい。

素直に美味しいと言っていただける味わいではないでしょうか。また、合わせる料理の範囲も広いのだと思います。

 

フレッシュでブルゴーニュならではの味わいが楽しめるブルゴーニュ・シャルドネは如何でしょうか?

ページ
トップ