「ジャン・クロード・ラパリュ2011」は凝縮感&飲みやすい!

今年もボジョレの収穫が終了したようです。フランスの伊藤先生がブログにてジャン・クロード・ラパリュ2011年収穫の状況を伝えておりますのでご紹介します。

 ボジョレの芸術品!ボジョレのロマネ・コンティ!「ジャン・クロード・ラパリュ・ボジョレ・ヌーヴォー2011」只今ご予約を承り中。価格は3800円ですが、10月末までにご予約を頂ければ3500円にてご提供させて頂きます。

 今年のジャン・クロード・ラパリュは、100年に一度の出来と言われた偉大な年である2005年のような凝縮感を備えているとのこと。それでいてアルコール度は低いのでより飲みやすい。8月19日から23日の5日間は40度近い猛暑たったため一挙にポリフェノールが熟した。濃縮感たっぷりで、やや酸が少なめのバランスになるとのことです。

今年も期待できますね!

ジャン・クロード・ラパリュのワインの魅力はガメイ種のブドウを使っているとは思えない繊細さ、上品さ、フィネスを備えていること。一つ一つの非常に丁寧な手作業の積み重ねがそのフィネスを生み出しているのだそうです。

酒屋のオヤジ的には、他の一般的なボジョレと比べると、ジャン・クロード・ラパリュは同じボジョレ地区の同じ品種のブドウから造られたとは思えないほど、まるっきり味わいの印象が違うのです。素直に造りの良さを感じるのと、これがボジョレであることにビックリしてしまうほど。

味わいのイメージとしては一般的なボジョレがストロベリー系としたら、ジャン・クロード・ラパリュはブラックチェリー系。ボジョレはブルゴーニュだったんだ!って思い出させる味わいなのです。

ご予約をお待ちしております。

伊藤先生のジャン・クロード・ラパリュ2011の記事 ⇒ http://www.cpvin.com/modules/vininfo/details.php?bid=548&uid=8

ページ
トップ