適量のワインは女性のうつ病リスクを減らす!

ワイン専門誌「デキャンター.com」の記事によれば、適量の「ワインが女性のうつ病のリスクを減らす」とのことです。

 

うつ病は男性に比べて女性が発症するケースが多いのだそうです。スペインでの調査結果によれば一日に5~15g(約グラスに一杯)のアルコールを摂取している女性は著しくうつ病になるリスクを低くするとのこと。

どんな酒類を飲むかによる違いはないのだそうだが、調査したほとんどの人は赤ワインを飲んでいたとのことです。

最近ではかなり安価なワインでも満足できる味わいのものが多くなったと酒屋としては感じます。また2千円~3千円も出せばかなり満足できる味わいのワインがあります。

毎日の夕食時にワインをグラスに一杯。これだけでより夕食を楽しめるだけに止まらず、長生きができて、成人病の予防にもなり、うつ病になるリスクも軽減されるのですから、これほど素晴らしい飲みものはめったにないわけですね。

もちろん”ほどほど”が最も大切なのですが!(汗)

1日一杯の赤ワインで健康に人生を楽しみましょう!!

酒倶楽部ステップには試飲して仕入れた、安くて美味しいワインがそろってます。

ぜひぜひご利用下さい。

 

 

 

 

ページ
トップ