「ピノ ノワール」千円台で高評価の南仏ワイン!

南仏ラングドッグから来た極上ピノノワール。しかも値段は千円台です。

Chemin de Marquiere Pinot noir 2009 シュマン ド マルキエール ピノノワール 2009年 750ml 1,450円


味わいも良くお手頃な価格のワインを生産するとして注目されている南仏、ラングドッグ地方のピノノワール・ワイン。ラングドッグといえばシラーやグルナッシュが特に有名なのですが、唯一ラングドッグでピノノワール栽培に適した土壌で栽培されました。

中世の雰囲気をそのままに残すカルカソンヌから南に30Kmほどの場所に畑はあります。ピレネー山脈からの寒冷な気候の影響により、ラングドッグの中でも涼しい地域。海洋性の気候と、標高300mというこの畑の位置はブルゴーニュのブドウ栽培環境とよく似ているのです。

ここで15年前より、すご腕ぶどう栽培者であるナンヌ・ジョワイエーズさんによりピノノワールが栽培されていてます。今、畑は160haとなりラングドッグでは最も大きなピノノワール生産者なのです。

そしてジョワイエーズさんのつくるピノノワールの心底惚れ込んだ南仏専門の醸造コンサルタントのグザヴィエ・ロジェさんが、これまでに数々のドメーヌをコンサルタントした経験を活かし、このワインを造りだしました。

フランスの有力ワイン評価本でも大絶賛されており、ラングドックの秘境の、しかもラングドックらしからぬワインであるピノノワール100%ワインについて「繊細でバランスが良く新鮮な果実味と心地良さ、そして余韻、ピノノワールらしいアロマ全てを口の中で感じることができる!」と。

高級ブルゴーニュ・ワインに匹敵するエレガントさと、南仏らしい豊かな果実味が見事に融合したピノノワール・ワイン。この品質で一本1450円ですからピノノワール好きにとっては”買い”の一本ですね!

「これで1,450円なの・・・・・・・・!!」ってビックリする事請け合いですよ!ホント!

ページ
トップ