ブルゴーニュ・ワイン東日本復興支援のチャリティー・オークション

ネット上の専門誌「デキャンター.com」によれば日本赤十字への寄付を目的としたブルゴーニュ・ワインのオークションがパリで開催されます。

オークションは9月21日と22日の2回。

9月21日には50ロット以上のブルゴーニュ・ワインが出品され、「マジ・シャンベルタン1997」「シャンベルタン・グラン・クリュ1947」「シャブリ・グラン・クリュ・ブランショ1989」などが含まれます。

続く9月22日はクリスティーズ・パリの主催するオークションで56ロットのブルゴーニュ・ワインが出品され、「ロマネ・コンティー1971」「クロ・ド・ラ・ロッシュ1978」「ボンヌ・マール1973」などが含まれるのだとか。

ブルゴーニュ・ワイン協議会の話では、ブルゴーニュと日本のつながりは強く、だからこそブルゴーニュのワイン関係者達から「ワインを義援金に使おう!」との話が持ち上がったのだそうです。

日本ではブルゴーニュ・ワインの人気が高く、コレクターの数も少なくありません。もし今回このオークションに参加されれば、震災で被害を受けた自国のために好きなワインを買って、そのお金が義援金になるのですから大変に素晴らしいことだと思います。

また、ブルゴーニュのワイン関係者の、その心意気は本当に立派。

流石はブルゴーニュ!日本でのブルゴーニュ・ワインのブランド力は、今後益々強くなりファンも増えそうですね!

 

ページ
トップ