まるでシュッド・ウエストのバリュー・ボルドーだ

 

 

シュッド・ウエストの試飲会に、もう何年も前に酒倶楽部ステップで販売させていただいたワインが出ておりました。

当時は、ハリウッドの人気俳優が飛行機で買い付けに行くワインということで人気がありました。

久しぶりに味見してみると、あらためてその質の高さとお得感を感じた次第です。

 

 

 

 

 

 

【シャトー・ブースカッセ と シャトー・モンテュス】

この地の有名生産者であるアラン・ブリュモン氏が土着品種であるタナをメインに造るワイン。

昨今のボルドーワインやブルゴーニュワインの価格高騰で、その素晴らしく優れたコストパフォーマンスがますます際立っているワインだと思います。

まさにシュッド・ウエストのバリュー・ボルドーワイン言えるワインでしょう。

シュッド・ウエストの「カオール」や「ベルジュラック」の赤ワインが優れていることは知っていますが、このアラン・ブリュモン氏のワインは「マディラン」「パシュラン・デュ・ヴィック・ビル」「コート・ド・ガスコーニュ」から造られるワイン。

流石はシュッド・ウエスト、生産者によって様々なんですね。驚きのあるワインはまだまだ沢山ありそうです。

まるで、地名が軽井沢の高額な別荘と、すぐ隣で同じ条件の違う地名のお得な価格の別荘とどちらを買うのか、みたいな状況ではないかと感じた次第です。

ハリウッドの有名俳優が、飛行機で買い付けに行く理由が分かるような気がします。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ