ソーヴィニョンブラン好き

 

 

「白ワインが好き」とおっしゃる女性は多いようです。

その中には「ソーヴィニョンブランが好き」と、ぶどう品種限定で白ワインが好きな方もおられます。

 

 

 

 

 

 

【ソーヴィニョンブラン ニュージーランド産とボルドー産】

ワインを扱う酒屋にとってトリッキーなことは、同じソーヴィニョンブランでも産地によって味わいの印象が違うことでしょうか。

若い女性でソーヴィニョンブラン好きの方は、キャラクターがハッキリとしているニュージーランドのソーヴィニョンブランを指していることが多いようです。

それ以外の方々のおっしゃる「ソービニョンブランが好き」が難しいのです。

ニュージーランドのソーヴィニョンブランには、フレッシュでハッキリとしたグレープフルーツやハーブ類のような印象があります。

対してボルドーやロワールなどのソーヴィニョンブランはエレガントな味わいであり、たぶん味わいの表現にグレープフルーツは出て来ないと思います。

若い方には新世界のソーヴィニョンブランで、熟年層にはヨーロッパのそれ、みたいに好みがハッキリ分かれていればご提案しやすいのですが。

個人的には特にボルドーやロワールのソーヴィニョンブランが大好きですが、なんだかイメージ的に地味なのか、年齢に関わらずニュージーランドのそれを選ぶ方が多いようです。

きっと一杯目にニュージーランド産を飲み、二杯目以降をヨーロッパ産にすれば、全てのソーヴィニョンブラン好きに満足していただけるのかも知れませんね。

ソーヴィニョンブランを飲み比べてみるのも楽しそうです。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ