初鰹にシチリアのネロ・ダーヴォラ

 

 

シチリアは海に囲まれた島のため魚介類を食べる機会が多いのだとか。

また、そんな魚介類の料理に合わせるワインは、意外にも赤ワインが多いのだそうです。

初鰹が美味しいこの時期に、その理由が良く分かりました。

鰹の赤々とした赤身と、これまた赤々としたシチリアの赤ワインであるネロ・ダーヴォラが、ほんとうによく合うんですね。

 

 

 

 

 

 

【シチリアの赤ワイン、ネロ・ダーヴォラとガーリックオイルをからめた初鰹】

「シチリアの赤ワインは、ひょっとして鰹に合うように造られてんじゃないの!」

北イタリアの赤ワインはその食文化の歴史から、ジビエと呼ばれる野生の鳥獣肉に合うように造られていると聞きます。

たぶんシチリアの場合には、それが鰹や鮪なのでしょう。

合うように造られているのですから、当たり前ですが合うのですね。そんなことを、初鰹を食べながらあらためて実感した次第です。

また、鴨肉にバローロよりも、鰹にネロ・ダーヴォラの方が、かなりのお得感を持って楽しめるのもありがたいことだと思います。

 

初鰹にネロ・ダーボラを合わせてみてはいかがでしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ