いよいよ11月、ボジョレーヌーヴォーの季節です。

いよいよ11月。今年のボジョレーヌーヴォー解禁日は11月18日(木)です。

早いものでもう11月。1~2ヶ月前の暑さがうそのようです。

で、11月といえばボジョレーヌーヴォー!今年のボジョレーヌーヴォーのご予約はもうお済ですか?どこの酒屋でもボジョレーヌーボーの注文は9月に既に済ませています。したがって、その年の需要に合わせて仕入れする事が出来ません。

今年はフランスでも波瀾万丈な気候だったのだそうです。6月と7月にはボジョレー地区を雹が襲い、思うように収穫ができなかった畑もあるようです。しかし、涼しい夏と雹で収穫量が減った分、ブドウの房が少なくなりゆっくりとポリフェノールが熟したため、ほどほどに濃縮されて上品さを兼ね備えたブドウとなったようです。

ボジョレー2010は、どうも上品さを兼ね備えた、より本来のボジョレーらしい味わいのワインになりそうですね。穏やかで上品さのあるワインと日本料理との相性はバツグン。日本の旬の食材をアテにするのなら理想的な味わいかも知れませんよ。ご期待下さい。

ボジョレーヌーボー2010のご予約は、銘柄によっては全て予約完売してしまったワインも出て来ました。これで11月中旬になると毎年各メディアでワインの話題が多くなりますね。そうなれば急にワインが飲みたくなる人が多くなりますよ。

でも、事前に予約を入れておけば大丈夫。昨年のように「どこのお店に行ってもボジョレーヌーヴォーが売ってないわ(涙)!!」ってなことにはならないのです!!

今年は昨年に引き続き、スーパーなどではペットボトル入りのボジョレーヌーヴォーも多く販売されると予想されます。それらは値段的に確かに魅力的です。しかし日本酒のナショナルブランドのパック酒よりもビン入りの地酒が魅力的なのと同じように、味わいは違ってくるのです。年に一度のボジョレーヌーヴォー、どうせ楽しむなら造りの良い、健全なブドウだけを使用した本物を楽しみましょう!!



にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ