ル・プティ・ムートン1997

 

 

先日、当方を退職された方の送別会がありました。

その会で、主役である退職された方から「秘蔵のワインを飲みましょう」とのことで、「ル・プティ・ムートン1997」を振舞っていただきました。

 

 

 

 

 

 

まったくもって理想的とは言えない保管状況とのことであり、ヴィンテージもやや難しい年のワインではありますが、流石は偉大なシャトーの高級ワインでした。

20年以上経ってもまだまだ若々しい。まだまだ味わうにはもったいないような印象です。

また、流石は成分のしっかりと詰まった一等地のワイン。保管状況がイマイチでも、まったく健全なのです。

1997年の難しい年でもこの凝縮感ですからスゴイ。

いわゆる当たり年の高級ボルドーワインはかなりの長期熟成に耐えるワインであるため、90年代のワインなら難しい年の方がおいしく飲めるとはよく聞く話。

しかし、たとえ難しい年であっても20年ぐらいでは、まだまだ早いことが分かった次第です。

貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ