「Ch・カロン・セギュール」バレンタインデーの王道ワインでしょ

 

 

もうすぐバレンタインデーですね。

最近では、チョコレートの代わりに高級ワインを贈ったり、チョコレ―トにワインを合わせたりと、ワインの活躍の場が増えているようです。

また、有名企業の経営者の方々にはワイン好きが多いのだそうで、気の利いたワインを贈るのはビジネスでも重要な案件と言えるのかも知れません。

そんなことで、ややコテコテではありますが、バレンタインデーの贈りものとして王道のワインとも言える、ハートのラベルが有名な高級ワインと、そのワインのお得な価格帯のサードラベルのワインをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

【シャトー・カロン・セギュール2013】とサードラベルの【サン・テステフ・ド・カロン・セギュール2014】

贈りもので大切なことは、贈る人と受け取る人の間で、その商品に対する価値観の共有ができるかどうか、でしょうか。

ひらたく言えば、一万円のものを贈って相手に「あ~これは1万円のものだな」と理解してもらうことでしょう。

それ以外にも、入手が困難なものを選んで、「わざわざ苦労して手に入れてくれたんだな~」と思っていただくことも大切なのかも知れません。

そんなことでバレンタインデーに価値観の共有ができる高級ワインといえば、やっぱり「Ch・カロン・セギュール」でしょう。

ちょっと前までは、ハートのラベルが人気のバリューボルドー的な感じのワインだったのですが、最近ではその質の高さが見直され価値を上げているワインです。

またサードラベルの方は、同じハートのラベルのカロン・セギュール・ブランドで価格は3千円台ですから、威厳を保ちつつもカジュアルな贈りものとしてお使いいただけます。

 

バレンタインデーにハートラベルの「カロン・セギュール」は如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ