パリで和製ウイスキーが人気!!

何とパリで日本製のウイスキーが人気なのです!!

日経新聞より

新聞によりますと、現在パリ市内だけでもすし屋が数百軒あり、すっかり日本食が定着したパリで今度は日本のウイスキーが急速に広まっているとのこと。街の酒屋の棚には日本の高級ウイスキーが並び、輸入量も右肩上がりとなっている。自動車や電子機器だった日本の顔は、いまやフランスではアニメにゲームにラーメン、寿司で、今後はウイスキーも加わりそうなのだとか。

パリ中心地のウイスキー専門店で販売するウイスキーの4本に1本は日本製。フランスが日本から輸入したウイスキーは2009年には€161万5280まで急伸し、ここ3年間で7倍に増加。

日本のウイスキーに特有の華やかな香りが受けているのだそうだ。ウイスキーは麦芽の香りやピートの香りが強いものが多いが、日本のウイスキーは果実のような香りがあり、ワイン好きのフランス人の好みにあっているらしい。また2000年代に入ってから欧州のウイスキー品評会でサントリーやニッカ・ウイスキーなど日本勢が相次ぎ入賞しているのも、ウイスキーファンに注目されている一つの理由なのだとか。価格もスコッチウイスキーと比べると安く設定されているらしい。

酒倶楽部ステップでウイスキーを購入されるお客様の好みは、大ざっぱに分けて2種類おられます。1種類は比較的若い方で、アイラのシングルモルトの様な個性的なウイスキーを好みます。もう1種類は酒屋のおやじもそうなのですが比較的高齢の方で、まろやかで穏やかなウイスキーを好みます。日本のウイスキーの味わいは、明らかに後者が好む味わいですね。正直、個性の強いシングル・モルト・ウイスキーは、ある程度の歳になると飲み疲れしちゃって、飲んでられないんですよね!フランスでも同じ様な傾向があるのではないでしょうか。特にワイン好きの人達には。

フランス人と聞くと、どーしてもイメージしてしまうのが、赤い靴下履いて、サスペンダーして、ペリエの大瓶を持ち歩き、いつも「おっらら~!」とかつぶやいてて、ややエキセントリックな考えを持ち、勝手なこといつもペラペラしゃべってる感じの男性!スゴイ偏見なのは分かっているのですが!(汗)でも、自分の信念は変えないタイプの人達。そんなフランス人に認められたのですから日本のウイスキーは本物です。スコッチともバーボンとも違う日本のウイスキーが世界的に認められて評価されているという事です。流石は日本のウイスキーメーカーですね!

数年前の事ですが、フランス人のマダムが蕨駅の近くでカフェを営んでおりました。そのマダムは日本の納豆が大好き。納豆をバターを塗ったパンにはさんでサンドイッチにして食べるのです。これは正直けっこうイケます。試してみて下さい。そのマダムは蕨の店を閉め、コルシカ島へ行って納豆サンドイッチ・ショップを始めたいと熱く語っていました。現在どうしているのか分かりませんが、フランス人はやっぱり何だか独創的です!(笑)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ