“Liv-ex”に関する記事一覧

「高級ワイン市況」英ポンド急落での価格上昇はそろそろ終了か

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから5年経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

jly16

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2011年7月から2016年7月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から3.6%の上昇。

2011年11月以降では最大の上昇幅。8ヶ月連続での値上がりとなり、2013年8月以降では最高値となった。

上昇幅が大きかったのはトップスコアのボルドー銘柄。ロバート・パーカー氏から100ポイントの評価を受けたワインが買われた。

上昇幅はCh・レオヴィル・ポワフェレ2009が10.7%、Ch・コス・デスツゥルネル2009が8.7%、CH・ラトゥール2003が9.5%、Ch・マルゴー2010が10.5%、オーパス・ワン2012が9.9%。

一方、値下がりしたのはボルドー以外のトップブランド。

アルマン・ルソー シャンベルタン2010が最も値下がりして9.8%。ペンフォールド・グランジ2009、サシカイヤ2010、DRCラ・ターシュ2012が2~4%の値下がり。

英国のEU離脱による英ポンドの急落により、割安感のある英国で取引されるワインに米国、香港などから買いが入ったようだ。

また、フランスのワイン商からのボルドーワインの買戻しの動きもあったようだ。

英ポンドはユーロや米ドルに対して約10%値を下げたが、英国でのワイン・インデックスの上昇幅は6月7月合わせて約6%。英国で取引されるワインに対してまだ割安感はある。

しかし、今後の英ポンドの動向が予想しにくい状況では、ここから大きくワイン・インデックスが上昇することは難しいのかも知れない。

世界のどこかで、中国でのボルドーワインバブルのような状況がまた勃発するようなことでもあれば、この上昇トレンドは継続するのかも知れない。しかし今のところその可能性は少ないようだ。

もちろん英ポンドがさらに値を下げるようなら、英国で取引されるワイン価格は値上げりすることになるのだが。

英ポンドの動向にワイン相場が翻弄される状況は続きそうだ。

にほんブログ村 酒ブログへ

Liv-ex Fine Wine(高級ワインの業者間取引サイト)急騰前夜

 

 

高級ワインの業者間取引サイトLiv-exの指数は、英ポンドベースで計算される。

英ポンドは、英国がEU離脱を決めたことにより、一夜にして各主要通貨に対して約10%下落した。

英国にとってワインは輸入品であるため、英ポンドベースでのワイン価格は一夜にして約10%上昇したことになる。

daily

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス デイリーでの推移】

この英ポンド下落がLiv-exの価格に反映されるのは、今週の月曜日からとみられる。

ボルドー2015ヴィンテージのアン・プリムール価格もまた、英ポンドでの取引価格は一夜にして約10%上昇したことになる。

 

英国はワインの世界有数の大消費地であり輸入国でもあるため、ワイン業界にとってこEU離脱の影響は少なくない。

他方、英国が高級ワイン取引の中心地であることに変わりはなく、今週予想されるワイン価格の上昇幅によっては、米国や香港からの活発な買いも想像される。

 

そして日本人にとっては、ほとんど最高のお得感を持って高級ワインが買える状況かも知れない。

世紀のヴィンテージとされる「Ch・マルゴー2015」のアン・プリムール価格は、2014年ヴィンテージに対してユーロ建てで60%高い水準、ポンド建てで83.6%高い水準。

それでも、同じ最高評価の2009、2010ヴィンテージと比べるとポンド建てで約20%安い水準。

昨年の6月から日本円は対ユーロで約20%、対ポンドで約30%上昇した。そしてこの傾向はまだ続くと予想されている。

 

もし最高評価の「Ch・マルゴー」に興味があるのなら、ボルドーネゴシアンを通じて、このアン・プリムールで先物買いするのも一つの良いアイデアだと思う。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」年初から五大シャトー買われる

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから4年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

古酒Jan16

 

 

 

 

 

 

 

 

【高級ワイン・インデックスの2011年1月から2016年1月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、1月末の時点で241と12月末と比べて3ポイント(約1%)値上がりした。

株式、人民元、原油、銅などが、年初から急落を続け、まさに暗黒の1月といえるような景況感であったにもかかわらず、高級ワインのトップブランドは初っ端から値上がりした。

五大シャトーと呼ばれる最高各付けのボルドーワインや、トップブランドのブルゴーニュワインが値上がりしたのだ。

それも、Liv-exのビッド/オファー・レシオが100%を超えるような積極的な買いが入った。

50%以上で強気市場とされる水準を大幅に上回ったのだ。ビッドがオファーを上回るのは、中国のボルドーワイン・バブルに沸いた2010年7月以来はじめてのこと。

こんなマクロ経済が混乱した状況下で、いったい誰が買ったのか?

こんな混乱した状況だからこそ、中華系を買いに走らせたようだ。

ヨーロッパのワイン業界が年末年始の休暇から戻りきっていないまだ閑散とした市場で 、人民元の急落による人民元建てでのワイン価格急騰に焦った中華系から、2月の春節のための高級ワインの買い付けが一気に入ったと推測される。

中国で最も人気のあるワインブランドであるシャトー・ラフィット・ロートシルトの、最も価格の安い2012年ヴィンテージが積極的に買われていたようだ。

ではこの先、年初から堅調にスタートした高級ワイン市場は、このまま右肩上がりで推移するのか?

アン・プリムールが閑散に終わり、その後値下がり傾向にあるボルドー2013ヴィンテージのリリースが始まった。また、春節のための中国からの買いは終了している。

この先も上値は重いと推測されるボルドー2013年ヴィンテージが加わり、なおかつ春節などの特別な需要もなくなったのだ。インデックス・ベースでは上値の重い展開になるとみるべきでしょう。

 

ちなみに、2013年ヴィンテージのような、偉大なヴィンテージではないヴィンテージとは、いい方から順に「かわいい」「楽しい」「骸骨のよう」「軋んでいる(ギシギシと)」と業界の方々は表現されるのだそうだ。

だから、もし専門家の方から「このワインは”かわいい”タイプの味わいでして・・・・・」みたいな説明があったとしたら、ひょっとしたら”そういうこ”となのかも・・・・・・(汗)。

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」ブルネッロが熱い

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから4年以上経過。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭し、健全と呼べるような市場環境に戻ったのか?

昨今の世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか?

高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

nov15

 

 

 

 

 

 

 

 

【高級ワイン・インデックスの2010年11月から2015年11月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、11月末の時点で237と10月末と比べて3ポイントの値下がり。狭いレンジの中の推移ではあるが、2014年6月以来の大きな下げとなった。

Liv-exの取引で11月に最も値上がりした銘柄は「ギガル・コート・ロティ2010」。10月中旬から5.3%の値上がりで1ケース£2,955。

最も値下がりしたのが、9月に最も値上がりした「ドメーヌ・ポンソ クロ・ド・ラ・ロッシュVV2012」で10.5%値上がり、1ケースは£3,523。

また、このところ同じ満点評価の2009年ヴィンテージに比べて安いことから買われていた「Ch・モンローズ2010」も値下がりに転じ、10月の中旬から8.2%安の1ケース£1,503となった。

ユーロの下落に合わせてポンド建てワイン・インデックスは狭いレンジの中で値下がりし、その後12月に入って、ここ数日のユーロ急騰に合わせるように値上がりに転じている。

パリのテロ事件の影響も、この迫力に欠ける展開の原因なのかも知れない。

ボルドーワイン・バブルの崩壊以降、バイヤーの興味はボルドー以外に広がっているようで、今最も注目されているのがイタリアの2010年ヴィンテージ。

2010年ヴィンテージの「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」は以前から注目されていたが、それに加えて「バローロ」や「スパータスカン」の2010年ヴィンテージも注目されているとのことで、この一年で8%ほど値上がりしている。

また、シャンパーニュや11月に最も値上がりしたローヌ、カリフォルニアのカルト・ワインも注目されているとのこと。

Liv-exでのボルドーワインの取引金額のシェアは、ボルドーワイン・バブル時の95.7%から70%の前半レベルまで縮小し、2004年と同じぐらいのシェア水準。

ボルドーワインで割安感のあるものは買われるが、全体としては盛り上がりに欠けている。

また、ブルゴーニュの人気ワインは、引き続き引き合いが強く、価格は値下がりしそうにないようだ。

「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2010」は、ここ50年で三本の指に入る偉大な年なのだそうで、今後しばらくは最も注目されそうな気配。

今後しばらくはイタリア・ワインの2010年ヴィンテージをメインに、ボルドーやブルゴーニュ以外のワインが注目される状況が続くとみられる。

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワイン市況」バリューを注視する市場へ

 

 

中華系が主導したボルドーワイン・バブルによる2011年6月のピークから4年。

2014年7月に底打ちしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、はたしてボルドーワイン・バブル崩壊の負の影響を払拭したのか。

また、世界の金融市場の混乱は、ワインの収集や投資に影響を与えるのか。

そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

古酒Aug15

 

 

 

 

 

 

 

 

【高級ワイン・インデックスの2010年8月から2015年8月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、8月末の時点で242と、7月末の241から1ポイントの上昇で、ほとんど変わらない水準。

7月の一方的な右肩下がりは、8月の初旬に上向きに転じた。しかし、引き続き小幅な値動きの範囲内。

Liv-exでの取引で、8月に最も値上がりしたのがブルゴーニュの「コント・ジュルジュ・ド・ヴォギュエ ミュジニーVV2009」、7月から14.6%値上がりで1ケースが£5,710に。

また、前回紹介した格安のパーフェクト・ワインの一つであった「パプ・クレマン2010」が2番目に大きい値上がり。7月から14.4%値上がりして1ケースは£1,300となった。

一方、最も値下がりしたのが、このところ堅調に推移していたスーパー・タスカンの「サシカイヤ2010」で、7月から6.3%の値下がり、1ケースは£970。

 

「ラフィット2010」が6本£2,550で取引され、昨年の12月に付けた最安値水準まで値下がりした。しかし、中国の株暴落や景気の減速、世界同時株安とは関係がないようだ。

ボルドーワイン市況が中国の株価に影響を受けたのはもう今は昔。最近では中国株の価格上昇にもまったく影響を受けなかったが、暴落にもまったく影響を受けていない。

現在のワイン市場は、もはやそんな状況にはない、というのが市場のコンセンサスのようだ。

むしろ、市場関係者は、供給量の少なさと、徹底した販売ルートの管理により、値下がりしないで高値を維持しているブルゴーニュワイン、特にDRCの値動きに警戒しているようだ。

Liv-exでの取引シェアは、減少しているとはいえボルドーワインが最も大きい。2番手の取引シェアは、これまでブルゴーニュワインだったのだが、ここに来てイタリアワインが取って代わった。

その一方で、格安のパーフェクト・ボルドーワインや、最も安いヴィンテージである2012のラフィットやムートンには買いが入っている。

高級ワイン市場は、個別のワインのブランド力も含めたバリューを注視した、厳しいプロの目利きが必要な市場に戻ったということなのかも知れない。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 3123
ページ
トップ