“焼酎”に関する記事一覧

「父の日」の贈りものは決まりましたか?

 

 

今度の日曜日は「父の日」ですね。

父の日の贈りものは、もう決まりましたでしょうか?

酒屋からのご提案は、もちろん美味しいお酒。もし、お父さまがお酒好きならという話ですが。

2015061510570000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【壺入り本格焼酎 各種】

昨年、父の日の贈りものとして当店で人気だったのが、壺入りの麦焼酎と芋焼酎でした。

見た目にインパクトがあり、味わいも美味しい。明らかに特別感があり、贈りものには最適な焼酎だと思います。

たぶんお父さまは、もらったその壺入り焼酎をカウンターの上あたりに置いて、そこから焼酎をひしゃくですくい上げてグラスに移し、その壺を鑑賞しながら味わう感じでしょう。

なかなか洒落た贈りものではないでしょうか。

 

また今年は、人気の朝ドラ「マッサン」の影響なのかウイスキーも父の日の贈りものとして人気となりそうです。

国産のウイスキー原酒が不足とのことで、店頭から人気の国産ウイスキーが消えたことも注目されている一つの要因かも知れません。

2015061510200000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、おススメはお父さま方も良く知っている高級スコッチウイスキー。

ともすると ”ベタな高級品” などと呼ばれるかも知れませんが、だからこそ贈りものとして いい仕事 をしてくれるのです。

「やっぱり美味しいね!」と喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

ところで前回の朝ドラ「マッサン」は、日本国民をウイスキー通にしてしまったのかも知れません。

・・・・・・・・うちの4年生になる愚息は、たまたま土曜日に見た「マッサン」のマネをして、小ぶりなワインのテイスティング・グラスに麦茶を3分の1ほど注ぎ、マッサンのような持ち方をして、グラスの中に鼻を突っ込み・・・・「スモーキーフレーバーが・・・・・・・」などと、のたまわっておりました・・・・(笑)。

朝ドラの「マッサン」は、お酒の味を知らない、小学生にも影響を及ぼしたということなのでしょう。

 

上質なウイスキーを眉間にしわを寄せたりして、マッサンのように香りをかいだり、味わったりしている御祖父さまの姿は、きっとお孫さんにとってのあこがれとなるのでは、とも思う次第です。

「父の日」の贈りものは決まりましたでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ホワイトデーの贈り物

ホワイトデーが近づいてきました。プレゼントの準備はできてますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この週末、酒屋にもホワイトデーの贈り物(お返し!?)のお酒を買い求めるお客様にご来店を頂きました。女性にお酒を贈るのだから、ワインが多いのかと思いきや、意外に日本酒や焼酎が多かったようです。

そして、上の写真のようなギフト・ラッピングを施させて頂きました。で・・・・・「これ・・・ちょっと華やか過ぎちゃって・・・奥さんに勘違いされたらヤバ過ぎだから、車の中に隠しといたほうがイイよね・・・・・!(汗)」みたいなお客様もおられて、「なかなか奥さん以外の女性へのホワイトデーの贈り物も大変だな~!」と感じた次第です。

「スイカ畑で靴のひも直すな!」みたいな話ですが、ホワイトデーで義理を返しておかないと、もう返す機会がなくなっちゃいますからね。また、職場の雰囲気を良くするためにも、ホワイトデーにはキッチリと贈り物をされた方が良い気がします。

ホワイトデーの贈りものといえば、昨年の今頃には大変に印象深いお客様がおられました(昨年の震災前のことです)。「古いボルドーワインのグランヴァン(高級ボルドーワイン)を、ぜひホワイトデーのプレゼントにしたい・・・・でも・・・それほど資金がないから・・できるだけ安いものを探してほしい!」との御要望でした。

で・・・・取りあえず探して見ました。そしたら在ったんですよ昨年には。古いヴィンテージのトップ・ボルドーワインの一つで、どうもそのワインに、そのヴィンテージがあったことさえ知られていないようなヴィンテージのワイン。ヴィンテージが1年でも前後すれば1本30万円~60万円ぐらいなのですが、何とそのヴィンテージだけ3万円台!正直ビックリでした!!

たぶんその年はヴィンテージ・チャートにも載らないほどの、大ハズレ年だったのでしょう。それでも、間違いなく造りの良い有名ブランド・ワインの古酒には、飲んだ時に、ただ単に美味しい、美味しくないだけではない感慨深さがあるのだと思うのです。

随分前に開高健さんの「ロマネコンティー・・・・・」という短編小説を読んだことがあります。たとえその古いワインの味わいがベストでなくても、そこには人生経験ならぬワイン経験を積んで熟成した複雑味があるのです。そしてそこから、いろんな想いが沸き出して来て、楽しかったこと、悲しかったこと、苦い経験、渋くて酸っぱい思い・・・・・などなどの記憶がよみがえるのです。

確かその小説のストーリーは、ちょっとエッチで、あんまりほめられた行いのストーリーではなかったと記憶しているのですが、古いワインの複雑味がそんな記憶を蘇らせたみたいな内容だったと思います。

お酒は味わいだけでなく、産地やブランドなどに対する想いで選ばれることも少なくありません。また、そこがお酒の面白いところかも知れません。

そんな想いのあるお酒の贈り物のお手伝いが、酒倶楽部ステップでもできたら幸いに思います。

にほんブログ村 酒ブログへ

「ラッピング」心のこもった贈り物

お酒好きにとって、お酒の贈り物は最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

TPOに合わせた、お酒のご贈答用ギフトラッピングを承っております。

ヴァレンタインデー、ホワイトデー、退職のご贈答品、入社祝い、入学祝い、卒業祝い、人生の節目のお祝い、お誕生日のお祝い、ご結婚祝い、お礼の贈り物、会社創立記念のお祝い・・・・・・・などなど目的に合わせてラッピングを行なっております。

贈り物としてのお酒の素晴らしいことは、もらっても邪魔にならないこと。もちろんお酒好きにとっては、この上なく嬉しい贈り物。自分だけでチビチビ楽しむのも良いですし、最近人気の家飲みパーティーなどで友人達と楽しめるのも良いですね。

いよいよヴァレンタイン間近の週末です。もしも、お世話になっている男性や、好意を寄せている男性、旦那さんがお酒好きな場合、たぶんどんなに有名な高級チョコレートよりも、好みの分野の酒類の方が喜ばれるような気がするのです。

贈り物としてのお酒のご提案もさせて頂いております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

エルヴィス・プレスリー・ショウin蕨

これは楽しそう!11月27日(日)18:00~20:00 「蕨市立文化ホールくるる」で行なわれるアメリカ人シンガー2人によるエルヴス・プレスリー・ショウ。入場無料のチャリティーコンサートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒屋のオヤジも仕事が休みなら見に行きたいのですがね~!楽しそうです。

アメリカでは有名なエルヴィス・プレスリーのものまねをされる方々なのだそうです。2人の内の一人ジーン・レインさんが蕨市の姉妹都市であるカリフォルニア州エルドラドに住んでいる関係で、今回の蕨市でのショウ開催となったのだとか。

ジーンさんが敬愛するエルヴィス・プレスリーさんは生前ボランティア活動にとても熱心で、多くの慈善団体に多額の寄付をしていたのだそうです。ジーンさん達もエルヴィスさんの志を受け継いで、東日本大震災で被災された皆さんのお役に少しでもたちたいとの思いから今回のチャリティーイベントを開催する運びとなりました。

当日はジーン・レインさんの友人でもあり、メンフィスのエルヴィスそっくりさんコンテストで優勝したロバート・ワシントンさんも加わり素晴らしい歌声、ダイナミックパフォーマンスを披露してくれるとのことですよ!

エルヴィス・プレスリー・ナイト in 蕨で盛り上がっちゃってくださいね!そして東北の被害者の皆さんにエールを贈りましょう!!

ご案内のチラシは酒倶楽部ステップにも置いてありますよ。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ギフト・ラッピング勉強会

お酒をキレイにお包みして、お酒をプレゼントに使いたいお客様のご要望にお応えするべく、ラッピング勉強会はまだまだ続いているのです。

今回はボトル系のラッピング。

ラッピングを行なう場合、先ず大切なのはギフトとして贈る状況をイメージした包装紙やリボンの選択です。上の写真では先生があらかじめ用意して下さり、クリスマスや誕生祝いをイメージした華やかなスタイルのギフトになりました。

ラッピングの技術よりもイメージに合った包装紙やリボンを入手する方が、意外に難しい事なのかも知れません。また、酒屋の場合にはお客様がお酒を購入されて、その場でギフト用の包装をご依頼されるのがほとんどなのですが、上の写真の中にはその場ですぐにラッピングできない物もあります。

酒屋にとってはその場で手早くラッピングできて、なおかつお客様のイメージに合ったスタイルになるのがベストなのです。

今回習ったラッピングのスタイルの中で、酒屋のオヤジがおススメしたいラッピング!

上の写真のリボンは一本のリボンの結びにより出来ています。包装紙とリボンのバランスも良いし、何ともエレガントな印象ではないでしょうか。

包装紙もリボンも、とても華やかな仕上がりです。ただ、このラッピングのスタイルの場合、酒屋の店頭でというわけにはまだ行きませんので、今のところ少しお時間が必要です。

後で気が付いたのですが、このラッピングは大きなミスを犯してしまってました。お気づきのように包装紙の上下を逆にしてしまいました。

やはり何事も基本が大事なようですね。基本といえば贈り物の基本はもちろん外見よりも中身。こちらも満足して頂けるように頑張らねば!!

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 212
ページ
トップ