“ノンアルコールワイン”に関する記事一覧

「カール・ユング メルロー」お屠蘇気分はもうそろそろ・・・・って感じたら

 

 

「もうそろそろお屠蘇気分から抜け出さねば・・・・(汗)!」

そんなときにおススメしたいのが、たぶん最もお値打ち感があり、最も歴史のある本格派な脱アルコールワインです。

2015012610410000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【カール・ユング メルロー(赤)】750ml  (0.5%未満のアルコール分を含んでいます)

ドイツで100年以上も前に開発され、その製法に特許を取得している製品です。

なぜこのカール・ユングが本格的な脱アルコールワインなのかと言えば、ちゃんとしたワインから、ワインの香りや味わいを保ったままアルコール分だけを取り除いてあるから。

本来のメルロー種のワインよりも、印象としてはピノノワール種のワインのような、いわゆる「薄旨」系のエレガントさがあるようにも感じます。

カール・ユングの脱アルコールワインには、リースリングの白、スパークリング白、スパークリング・ロゼとありますが、最も満足感の得られるのがメルロー(赤)ではないでしょうか。

 

お屠蘇気分から抜け出す方法として、「少飲」にするのか「禁酒」にするのかの選択に迫られるのでしょう。

もし、「少飲」を目指すなら、最初の一杯目を本物にして、二杯目以降をこのカール・ユングにする感じでしょうか。

もし「禁酒」なら、最初からカール・ユングとなるのですが、「赤ワインに合いそうだ~」みたいなお料理だと、より満足度が高くなるように思います。

 

・・・・・・・でも、飲んべーさんの本質って変わらないようです(汗)。

ワインを飲み過ぎると酔っ払いますが、カール・ユングを飲み過ぎれば、お腹がタプタプになっちゃいますから(笑)。

 

歴史ある本格派で、最もお得感のある脱アルコールワイン「カール・ユング メルロー」は如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「腰イテッ!」とりあえず、ノンアルコールにしときましょ!

夜の遅い時間帯に、お酒を飲みながら夕食をとる方は少なくないと思います。

「あ~なんだか最近疲れてるな~」とか「最近風邪っぽいかな」とかってときに、いつも通りに夜の飲み食いをしてると、ある朝突然、「腰イテッ!」ってことになっちゃうんですよね~これが。

お医者さんに行ってもその腰痛の原因は良く分からず、「もし我慢できないようなら、痛み止めの注射打っときますよ!」って言われて、やや大ぶりの、「こっちの方がよっぽど痛いんじゃないの!」みたいなのを打ってもらうわけです。

そんで、腰を固定するベルトを装着して、「ややイイ感じか!?」ぐらいに回復。身体のどこが痛くても辛いのですが、そのホントに辛い腰痛としばらく付き合うことになるわけです。

でも、ほとんどの腰痛はどうすれば治るか、ほとんどの人は分かっているのかも知れません。ただそれが難しい。それは、お酒をしばらく止めなきゃいけないから。

お医者さんではないので詳しくは分かりませんが、夜お酒を飲めば食欲が増進され結果として飲み過ぎ、食べ過ぎになってしまいがち。内臓が疲れるか、弱るかして腰に負担がかかり腰痛になるような感じでしょうか。

 「酒屋なら腰痛の経験があるでしょ」ってことなのか、店頭で「最近腰が痛いんだよね~」ってよく言われます。そこで、つたない経験ながら上記のようなアドバイスをさせていただくのですが・・・・・・・・。

「それだけはデキないんだよね~!」って方がほとんど。また「それがなきゃ何のために生きてるのか・・・・・・」ってぐらいの熱い気持ちを持たれてる方もおられます。

酒屋のオヤジだって、酒屋として「オレが飲まずにダレがのむんや!」って気概!?(言い訳!?)を持って毎晩飲んだくれておりますが、飲酒をお休みするときの酒屋としてのおススメ方法があるんですよ。

 2013070513410000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【ノンアルコールワイン】

 先ずよく冷えたノンアルコールビールをグビグビっと食前に飲り、その後の夕飯は、見栄えのするワイングラスに注いだノンアルコールワインをチビチビ飲りながらいただきます。

ノンアルコールで食欲が増進されることはないようなので、食事はスグに終わります。なんだかもの足りない感じなのですが、ここで普段食べない食後のデザートにアイスクリームでも食べれば、「ま~飲酒の雰囲気も楽しんだし、普段食べないデザートも食べたから、酒は我慢してやるか!」って気に少しはなるわけですね。

”腰が痛くなったら、とりあえずノンアルコール”ですぞ!なぜか説得力のある、酒屋のアドバイスです(笑)!

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ノンアルコール飲料」市場は急拡大

日経新聞によれば、サントリー酒類さんは今年のノンアルコール飲料の市場規模は前年比22%増の約3450万ケース(1ケースは250ml缶24本換算)にのぼると予想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真は「カール ユング」赤、白、スパークリング白、ロゼ(カールユングは0.5%未満のアルコール分を含んでいます)

 本当の赤ワインからアルコール分を除去した本格的脱アルコールワインです。

ノンアルコール飲料需要の増加には主に二つの理由があるようです。一つは昼間の宴会が増えたこと。主婦の集まりや、退職した団塊世代などの同窓会、ビジネスの昼接待などで利用されるようです。

もう一つは朝早くから仕事をする人が増えているため、翌朝の仕事を気にして深夜の飲酒を控え、ノンアルコール飲料で気分だけ楽しんでいる人が増えたこと。職場のフレックスタイム導入や節電対策などで始業が早まっていたり、出勤前に自己啓発のための朝活が活発なのだとか。

 最近は通常の夕食時にワインを楽しまれる方が増えています。健康で長生きのために有効で、なおかつ美味しいからというのが理由です。その場合、夫婦そろってワインが飲めれば、それがベストなのですが、そうでない場合には上の写真のようなノンアルコール・ワインを、購入されるワインの中に含ませるのがおススメ。

一人で飲むのと、二人で飲むのとでは気分が違いますからね。また、健康効果もワインからアルコール分を除去しただけですから、同じように期待できるのです。

アルコールに強い体質かどうかは遺伝子によって決まるのだとか。日本人の場合4~5割程度がお酒に弱い遺伝子を持っているらしい。アルコールを受け付けない方でも、宴会の席や自宅で上手にアルコール分のないお酒の味わいを楽しめると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

芋焼酎テイスト「コズル ゼロ」

ここまで来たか!という感じですが意外に人気のノンアルコール芋焼酎です。

上手に楽しんで下さいね。

にほんブログ村 酒ブログへ

ノンアルコール・ワイン「カール・ユング リースリング(白)」

ノンアルコール ワインの世界的代表銘柄なのです!

ノンアルコール ワイン 「カール・ユング リースリング(白)」 750ml (アルコール分0.5%未満)現在の店頭価格 890円

ドイツ産のぶどう、リースリング種を醸した白ワインを真空蒸留し、アルコール分のみを除去した脱アルコール・ワインです。キリッとした爽やかな酸味が心地良い、脱アルコール・ワインでありながらワイン独特の飲みごたえが感じられる飲料です。

このリースリングも、赤のメルローと同じくカロリーは通常のワインの約1/3です。冷たくして飲むのがおすすめ!特にこれからの蒸し暑くなる季節には、酸味から来る爽やかさ加わり、とってもリフレッシュできる飲料なんです。

「ワインからアルコール分を抜き取ると”ぶどうジュース”じゃないの~?」という感じもするのですが、「じゃ~ジュースみたいにグビグビ飲めるか?」というと、これがグビグビとは飲めないんですよ!本物のワイン並の”飲みごたえ”があるんです!

食事を楽しみながらチビチビやるのがちょうど良い感じなのです。お酒好きの方が食事の時に「ぶどうジュース」では、ハッキリ言って飲む気にはなれません!でもこの脱アルコール・ワインだと、何だか結構いい感じなんですよ!ホント!

脱アルコール・ワインの場合は赤ワインも白ワインもやや軽めの味わいです。この軽めの味わいが日本人に合っている感じもします。爽やかな酸味が効いているため、和食の天ぷらなどには良く合うと思います!もちろん、その時使うワイン・グラスは高級感漂うような上等な物がベスト!脱アルコール・ワインですが雰囲気に酔わされて、大満足のひとときとなりますよ!

普段の日に仕事関係で飲む機会が多く、休日にはアルコールなしでゆっくりと美味しいお料理を楽しみたい方に、とってもおすすめです!

にほんブログ村 酒ブログへ

ノンアルコール・ワイン「カールユング・メルロー(赤)」

ノンアルコール ワインの世界的代表銘柄なのです!

ノンアルコール ワイン 「カール・ユング メルロー(赤)」 750ml (アルコール分0.5%未満)現在の店頭価格 890円

フランス産のメルロー種から醸された赤ワインから、アルコール分のみを除去した本格的な脱アルコール赤ワインです。ワイン独特の風味が生きており、赤ワインが好きなのだがアルコール飲料が飲めない方にお勧めです。

また、アルコール・フリー(0.5%未満)というだけでなく、通常の赤ワインに比べポリフェノールが豊富に含まれており、さらにカロリーは約1/3なのです。

製造元のドイツ、カール・ユング社は1908年に世界初のアルコール・フリーワインを製造し、その独自の製造方法である低温真空蒸留法は各国にて特許を取得しています。

カール・ユング社さんは元々一般的なワインを製造販売していたのですが、長年ワインを注文してくれていたお客さんが、心臓や肝臓、腎臓の病気のために医師からワインを禁止され、注文を得られなくなることが度々起こった事により、「もしワインの香りや味を保ったままアルコールだけを取り除く方法があるのなら、彼らにもアルコールの害なしにワインの味を楽しむ方法を提供できるのに・・・・」との想いから研究を始めたのでした。

問題はワインの香り成分はアルコール以上に揮発しやすいことでした。そして、遂にこの揮発しやすい香り成分を特別の装置で回収する方法を発明したのです。1908年にドイツ、イギリスで特許を取得。1913年にはアメリカを含む数カ国で特許をと取得して行ったのででした。

カール・ユング メルローは常温でも冷やしても美味しくいただけます。見た目がリッチな高級レストランで出されるようなワイングラスに入れて楽しむのがおすすめ。脱アルコールワインですが、お酒を楽しむには気分とか雰囲気が大切なのは一緒なのです。

赤ワインとしては軽い味わいですが、ワインですから複雑味があり香りも豊かなのです。休肝日に飲んでも十分満足できる味わいですよ!!

お酒は酔うために飲みますが、味わうために飲むのであればアルコール分がない方が良いかも知れませんね!休肝日に試してみて下さい!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ