“シチリアワイン”に関する記事一覧

新春にじっくり飲み比べてみる 白ワイン

昨日に引き続き ゆったりとした時間がとれる今だからこそ

じっくりと ワインの 味わいを飲み比べてみる ことを ご提案してみたいと思います。

今日は シチリアの白ワインの 品種違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア シチリア島 西部海岸沿いにある マルサラ

酒精強化ワインの マルサラ が有名

 

元々 マルサラを含むトラーパニ県一体は 地葡萄から造られる白ワインの一大産地

だったそうですが

1773年に商用でマルサラを訪れたイギリス商人ジョン・ウッドハウスが このマルサラの地のスティルワインに 蒸留酒を加えて造ったのが酒精強化のマルサラ

マルサラのスティルワインがとってもおいしいから、イギリスにもっていくまでに 味が変わらないようにと アルコールを添加したのだそう

 

温かい気候で 良質のブドウがたくさんとれるので 一時は 大量生産された安価なワインをバルクワインとして 北ヨーロッパへ 輸出し、 繁栄を遂げた歴史をもつシチリアワインですが

最近は 世代交代が進み 近代的な技術を学んだ若手生産者を中心に テロワールを反映した高品質なブドウ栽培、ワイン醸造へ シフトしているのだそう

 

今回 ご紹介するのは パオリーニ という マルサラエリアの 葡萄栽培農家が 1000軒集う協同組合のワイン

現在 シチリア第2位の生産量を誇り、地元の方にも そして海外マーケットでも支持されることを企業理念に 急成長しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな パオリーニの フラッグシップブランド 「 72フィラーラ インソーリア 」 「72フィラーラ カタラット 」

いずれも シチリアの地葡萄

インソーリア は 柑橘系の果物の香り クリアーできれいな酸味がある辛口

カタラットは 柑橘系の香りの中に微かにバニラの香り 複雑味のある余韻が楽しめる辛口

いずれも 2012年ヴィンテージですので 少し熟成感も愉しめます

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「シチリア ネロ・ダーヴォラ」ポストお花見・・・・BBQでしょ!!

 

 

お花見シーズンは、さみしいですが終わりつつあるような感じでしょうか。あっという間でしたね。

・・・・・そして次は、冷え込みをひとつふたつ乗り越えたらやって来る、待ちに待ったBBQシーズン到来であります。

アメリカ人は「アメリカ人にとってBBQはアートだ!」と言って憚りませんが、最近では日本人だって負けてません。アメリカ南部風はもちろん、ジャマイカ風など様々なBBQを楽しまれているようです。

個人的にはポルトガル風やギリシャ風が気になるところではありますが。

BBQは野外でカジュアルに楽しめるのが、なんといっても一番の魅力です。

そこで、カジュアルにBBQ料理と一緒に楽しんでいただきたい、カジュアルな価格のコスパに優れたワインのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【イタリア・シチリアの地ブドウ ネロ・ダーヴォラ(赤ワイン)】

豊かな果実味を感じるコスパに優れたイタリア南部のワインを好む方は多いようです。

ほとんどは農家さんの協同組合などで造られたワインですから、いい意味でのあか抜けない印象の素朴さがまたうれしい味わいです。

その豊かな果実味の赤ワインは、もちろん肉料理のBBQに合います。また、南ヨーロッパ風の魚介類のBBQにもおススメしたい赤ワインです。

海に囲まれたシチリアでは、トマトやチーズを使った魚介類の料理をよく食べるのだそうですが、そんな料理には白ワインよりも、むしろ赤ワインを合わせるのが好まれるのだそうです。

また、和風に楽しむBBQでも、お醤油の風味に赤ワインはいい感じなのです。

いよいよ始まるBBQシーズンに、シチリアのコスパ抜群ワイン「ネロ・ダーヴォラ」は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「72 カタラット&インツォ―リア」樽の効いたシチリア土着品種の白ワイン

 

 

すっかり涼しくなった今日この頃、サッパリ味の白ワインよりも、やや重厚感のある白ワインの方が美味しく感じる季節となりました。

そんな、やや重厚感あるシチリアの土着品種から造られる、樽香を利かせた白ワインを2種類ご紹介いたします。

dsc_0171

 

 

 

 

 

 

【カンティーネ・パオリーニ 72フィラーラ・インツオーリアIGT と 72フィラーラ・カタラットIGT】シチリア白ワイン

「インツォーリア」はフルーティで軽やかな味わいのブドウ品種ですが、そこに樽熟成の複雑味が加わることにより、まるで黄色味が濃くてよく熟した桃を発酵させたような印象の味わい。

ややマニアックなワインの印象はありますが、美味しいワインです。

「カタラット」はより複雑があり、高貴でドライな印象のある味わい。オレンジやバニラ、アーモンドなどを感じるドライなテイストです。それはまるでアモンティリャードでも飲んでいるかのよう。

まるでシャリー酒のように食前酒として、食べ物なしにでも、飽きずに楽しんでいただけるワインだと思います。

個人的には、このドライで熟成感ある「カタラット」が大好きです。

 

両方のワインともにシチリアワインの多様性を感じるワインです。また、これらのシチリアの土着品種から造られる、樽を効かせたワインは、まず他にはない味わいだと思います。

樽風味の利いた白ワインを好まれる方に、ぜひおススメしたいワインです。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「シチリアワイン」トレンドはエレガント&有機

 

 

シチリアのワインメーカーである「ヴァッレ・デラカーテ」のセミナーに参加させていただきました。

2016060614460000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

シチリアのDOCGである「チェラーズオーロ・ディ・ヴィットーリア クラシコ」の生産者である「ヴァッレ・デラカーテ」のあるラグーザ県は、シチリアの美食の街としても知られており星付きのレストランも多いとのこと。

2016060615020001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真はちょっと残念なのですが、とてもお美しい現在の当主、ヤッコノ家6代目ガエタナ女子。

サステナブルなワイン造りに取り組み2014&2015年ヴィーニ・ブオーニ・ディタリアで2年連続エコ・フレンドリーを受賞されております。

さて、シチリアワインといえば、濃厚な赤ワインをイメージしがちですが、それは一昔前のスタイルと言えそうです。

シチリアはギリシャ系の文化とアラブ系の文化が入り混じり、ワインのスタイルは文化的に様々。さらに土壌が複雑に入り混じっており、テロワールも様々。

「ヴァッレ・デラカーテ」の畑でも「黄色土壌」「白色土壌」「白石混じりの黒色土壌」「赤色土壌」「黒色土壌」「黄土色土壌」「オレンジがかった赤色土壌」と7種類の土壌からワインが造られるのだそうです。

また、ワインは常に食事とともに楽しまれますが、シーフードをトマトやチーズで味付けすることの多いシチリアの料理には、白ワインよりもエレガントな赤ワインが良く合います。

そんな多様性あるテロワールで、エレガントなスタイルのワインが今のシチリアらしいワインの様です。

そのためかシチリアのシーフードレストランでは、ピノ・ノワールに印象が似ている軽めの赤ワインである「フラッパート」が好まれるのだとか。

また、シチリア唯一のDOCGである「チェラスオーロ」もネロ・ダーヴォラとフラッパートのブレンド。肉厚な印象のネロ・ダーヴォラにフラッパートでエレガントさを加えている感じでしょうか。

ピノ・ノワールに印象が似ているシチリアのフラッパートは、今までそれほど注目されてこなかっただけに、今後の進化が楽しみなワインだと思います。

また、柑橘系の風味が特徴のシチリアの「シャルドネ」も魅力的です。

濃いワインがシチリアワインを有名にしましたが、今ではシチリアワイン全体が重厚からエレガントへ変わって来ているとのことです。

また、この先ほとんどのシチリアワインが有機栽培になるとのこと。それはシチリアが乾燥していて、お天気が良く、風も強いため有機栽培が簡単なため。

南イタリアのワインは身体にも美味しいということでしょうか。

シチリア風に、シーフード料理に合わせて難しいことは抜きにして、シチリアのエレガント系ワインは如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

魚介類に南イタリアの赤ワイン

 

 

シチリアなどの南イタリアでは、日本と同じく魚介類がよく食卓に上るのだそうです。

そして、一緒に楽しむワインは、白ワインよりも赤ワインの方がだんぜん多いのだとか。

2016010112350000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

日本でも、ワインに注力されているお寿司屋さんでは、白ワインではなく、しっかりとした味わいのシャンパーニュや、ブルゴーニュなど繊細さのある赤ワインが好まれると聞きます。

確かにマグロなどの赤身の魚や、お醤油をつけたりすれば赤ワインがいいし、また南イタリア風の料理ならなおさらでしょう。

そこで、南イタリア風に魚介類に合わせてイイ感じのシチリア産赤ワインをご紹介します。

2016032110340000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【グルゴ ネロ・ダーヴォラ シチリアIGP】

「これがネロ・ダーヴォラなのか?」とも思えるような繊細さのある、ホントに良く出来たネロ・ダーヴォラだと思います。

南イタリア風に、魚介類に南イタリアのワインを合わせてみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ